話題の刀剣展

間が空いてしまい、申し訳ありません。
今週担当の池澤です。

先月と先々月に京都に行きました。
某博物館様で開催していました刀剣展。

古刀から新刀まで、約200点の前後期わけての展示
遠方により、そのまで足を伸ばすことができない所蔵の刀も展示されている

最高でした。企画をしてくれた人に感謝を・・・

そんな、博物館の動員数は歴代の7位に入るそうです。

行ってみて気づきましたが、
年齢に限らず、鑑賞する人は
職人さんはもちろん
動画サイトで特集を組んで興味が沸いて来た人

でも一番は、ゲームから知ってきた人が
もの凄く多かった。ものすごく・・・

自分といえば、ここまで印刷技術が上がると面白い再現ができるんだなと思ったグッズがありました。
「クリアファイル」印刷するときに下地にホログラムを敷いて、刀の波紋に見せる
これ、ものすごく良いです。
何枚か買いました。

文化財クラスのお宝もこの話題にのってでてくるので油断なりません。
また展示してくれるのかも分からない個人蔵もあるので・・

あとは、この伝統工芸が継ぐ人が増えればいいなとも思います。

紅葉の写真は、北野天満宮の公開前の場所を上から撮影したものです。

(制作部:池澤)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る