モツ鍋の冬

冬、それは鍋料理がおいしい季節

 

今日は東京などで雪が降っていますが、こんな日の我が家はモツ鍋を美味しくいただきます。
毎年通販で注文するお気に入りのお店のモツは臭みがなく、苦手だった祖母も今では「今年はいつ注文する?」と夏の終わり頃からソワソワしだすほどです。
スープはコッテリとしたコクのある濃厚な味噌味と、ほんのりにんにくが香る旨味の詰まった醤油味があり、どちらも〆のちゃんぽん麺まで、たまらなく美味しい…。雑炊もオススメ…。福岡ではアゴだし醤油味が定番らしいですが、私は味噌が好きです。

 

また、個人的に自宅で作る際のポイントは、「キャベツを半玉以上入れる」こと。正直半玉でも気持ち的には足りない…?かもしれない。モツから出る油と旨味を吸って、いくらでも食べれる。

 

写真を見ていたらまた食べたくなったので、この冬もう1回注文しようと思います。

 

モツ鍋の冬

 

(制作部 矢田)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る