『房総さとやまGO』の実証運行開始

 市原市と君津市が連携し、新たな観光ルートの開拓をと、小湊鉄道養老渓谷駅とJR久留里駅を結ぶ広域バス『房総さとやまGO』の実証運行を始めました。期間は9月22日から12月11日までの土曜・日曜・祝日の28日間。約25キロを50分ほどかけて走ります。

 バス停は養老渓谷駅・弘文洞入口・老川・七里川温泉・亀山藤林大橋・久留里駅の6カ所。
運行本数は小湊鉄道養老渓谷駅発4便、JR久留里駅発3便。運賃は大人300円、小学生150円、乳幼児無料。

 観光ガイドが乗車して周辺の見どころなどについて話してくれます。養老渓谷や七里川、亀山湖など温泉があるので日帰り入浴のハシゴをするもよし、体験イベント盛り沢山の久留里駅周辺で色々な体験したり、久留里城見物したりもいいですね。
12月の紅葉の時期は乗車も難しいかも。今のうちに是非、乗車してみては。

シティライフ市原版10月22日号、外房版10月29日号で、取材記事を掲載しますので、ご覧になってくださいね。

編集部 内田

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る