しゃべる機械

しゃべる機械
文と絵 山口高弘

 自動販売機でジュースを買おうとした時でした。「お疲れさま。商品を選んでね」。女の人の声で自動販売機が喋りました。びっくりした。急に言われたけれど、ねぎらいの言葉なら機械の声でも嬉しい。200円を入れて、120円のものを選びました。チャリンチャリン、お釣りの80円は、いちいち全部10円で返ってきました。50円玉が良かったのに。自動販売機が元気な声で言いました。「お釣りを取り忘れないでね。行ってらっしゃい」。取り忘れそうなお釣りを出したのは誰だよ、思わず販売機に喋ってしまい、機械だと気づきました。
 僕らの身の回りは、『話しかける機械』だらけです。「ETCカードが挿入されておりません」「目的地に到着しました」「もうすぐお風呂が沸きます」。広げれば、テレビもラジオもオーディオも、携帯電話だって、『喋る機械』。無機物でも声があれば人間味を感じられる。「傘を持ってお出かけ下さい」。テレビが言う。文明よありがとう、行ってきます。
 日曜夕方のショッピングセンターの、たまたま立ち寄った手洗い所で、奥の個室から小さい子供の声が聞こえてきました。他には誰もいなくて、父が子を着替えさせているようでした。子供は一人で嬉しそうにはしゃいでいました。「俺ね、5歳にもなるし、6歳にもなるし、10歳にもなるんだよ!すごいでしょ」
 そうだ、すごいよな。星に願いなんかしなくても、その気になればお金持ちにも好い人にも悪い人にもなれて、おじいさんにもなれるし、誰かの思い出にもなれるんだ。僕は心で同調しました。父子の会話は続きます。
「俺ね、お父さんみたいになりたいんだよ」「そうか?」「だって、携帯もってるじゃん!」
 携帯電話も、子供には魔法の道具なんですね。けれどもその好奇心は、機械じゃ作りだせない。僕にはそのちびっこが、人生の先輩に思えました。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る