しゃべる機械

しゃべる機械
文と絵 山口高弘

 自動販売機でジュースを買おうとした時でした。「お疲れさま。商品を選んでね」。女の人の声で自動販売機が喋りました。びっくりした。急に言われたけれど、ねぎらいの言葉なら機械の声でも嬉しい。200円を入れて、120円のものを選びました。チャリンチャリン、お釣りの80円は、いちいち全部10円で返ってきました。50円玉が良かったのに。自動販売機が元気な声で言いました。「お釣りを取り忘れないでね。行ってらっしゃい」。取り忘れそうなお釣りを出したのは誰だよ、思わず販売機に喋ってしまい、機械だと気づきました。
 僕らの身の回りは、『話しかける機械』だらけです。「ETCカードが挿入されておりません」「目的地に到着しました」「もうすぐお風呂が沸きます」。広げれば、テレビもラジオもオーディオも、携帯電話だって、『喋る機械』。無機物でも声があれば人間味を感じられる。「傘を持ってお出かけ下さい」。テレビが言う。文明よありがとう、行ってきます。
 日曜夕方のショッピングセンターの、たまたま立ち寄った手洗い所で、奥の個室から小さい子供の声が聞こえてきました。他には誰もいなくて、父が子を着替えさせているようでした。子供は一人で嬉しそうにはしゃいでいました。「俺ね、5歳にもなるし、6歳にもなるし、10歳にもなるんだよ!すごいでしょ」
 そうだ、すごいよな。星に願いなんかしなくても、その気になればお金持ちにも好い人にも悪い人にもなれて、おじいさんにもなれるし、誰かの思い出にもなれるんだ。僕は心で同調しました。父子の会話は続きます。
「俺ね、お父さんみたいになりたいんだよ」「そうか?」「だって、携帯もってるじゃん!」
 携帯電話も、子供には魔法の道具なんですね。けれどもその好奇心は、機械じゃ作りだせない。僕にはそのちびっこが、人生の先輩に思えました。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る