さぁ、誰がうまく乗れるかな?

さぁ、誰がうまく乗れるかな?

 8月25日(日)、千種コミュニティセンターで『竹馬作り』が行われた。講師は白塚町会長で災害対策コーディネーターの資格を持ちボランティアで色々な活動をしている杉山興司さん(71)。「竹馬乗るの初めてだよ!」と集まった子ども達。
 準備する材料は3種類、竹2本、板4枚、ヒモ少々。軸となる竹に足場の板、それを結ぶヒモであり板は竹で代用可能、ヒモはわらヒモや針金でも問題ない。長さは身長に合わせて選んだ。まず、足場の高さと角度を決めて板をはさみ、輪ゴムがあれば止めて置く。次に輪ゴムの上からヒモで固く結びつける。
 杉山さんは、「本来竹は冬の方が丈夫にできるので、冬の遊びです。竹馬で肝心なのは足場の角度と強度、竹との接合部、かかとの2カ所をしっかりと結んでください」と説明。これを2本作れば竹馬は完成だ。すぐに子ども達は竹馬に挑戦するが、支えてもらって立っているだけでもバランスが必要。竹馬の乗り方のポイントは竹をしっかり握る、前を向いて体をまっすぐに、そして前に倒れそうになったら片足を出して体重をかけることで進む、などなど。
 保護者は「子どものほうが習得が早いのですぐにこの高さだと物足りなくなりそう」と話しながら、竹馬を支えている手を離していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る