さぁ、誰がうまく乗れるかな?

さぁ、誰がうまく乗れるかな?

 8月25日(日)、千種コミュニティセンターで『竹馬作り』が行われた。講師は白塚町会長で災害対策コーディネーターの資格を持ちボランティアで色々な活動をしている杉山興司さん(71)。「竹馬乗るの初めてだよ!」と集まった子ども達。
 準備する材料は3種類、竹2本、板4枚、ヒモ少々。軸となる竹に足場の板、それを結ぶヒモであり板は竹で代用可能、ヒモはわらヒモや針金でも問題ない。長さは身長に合わせて選んだ。まず、足場の高さと角度を決めて板をはさみ、輪ゴムがあれば止めて置く。次に輪ゴムの上からヒモで固く結びつける。
 杉山さんは、「本来竹は冬の方が丈夫にできるので、冬の遊びです。竹馬で肝心なのは足場の角度と強度、竹との接合部、かかとの2カ所をしっかりと結んでください」と説明。これを2本作れば竹馬は完成だ。すぐに子ども達は竹馬に挑戦するが、支えてもらって立っているだけでもバランスが必要。竹馬の乗り方のポイントは竹をしっかり握る、前を向いて体をまっすぐに、そして前に倒れそうになったら片足を出して体重をかけることで進む、などなど。
 保護者は「子どものほうが習得が早いのですぐにこの高さだと物足りなくなりそう」と話しながら、竹馬を支えている手を離していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る