『土器ドキ!ワクワク展』

今年も開催
介護施設『麦の家』陶芸作品
『土器ドキ!ワクワク展』

 市内国分寺台中央にある介護施設『麦の家』で毎週木曜日に開かれている『陶芸の日』。6年前にスタートした。市内在住の陶芸家、原地宏幸さんと木寺啓幸さんの指導とサポートを受け、『麦の家』利用者の50代から90代の皆さん12名が陶芸作品を作っている。
 施設内に窯を備え、年間作陶カリキュラムに沿って、「介護が必要な人でも陶芸の楽しさを味わえるように」と、木寺さんが工夫した制作方法で作られた作品。ポピュラーな器や小鉢から、表札や写真額、風鈴など様々。
 その成果を発表する恒例の展示会『土器ドキ・ワクワク展』が今年も9月11日(水)から20日(金)まで開かれ、八幡宿駅コンコース市民ギャラリーに、約50点の作品が展示される。今回は雅号も作陶し、施設名の麦を入れた皆さんの雅号も披露。温かみのある個性が光る作品を見に出かけてみては。

問合せ 麦の家
TEL 0436・20・3566

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る