いちはらアート×ミックスまであと34日

中房総国際芸術祭
いちはらアート×ミックスまであと34日 会場へGO!

 3月21日(金・祝)から5月11日(日)までの52日間、開催される『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』。各会場を訪ね、制作に励むアーティストの皆さんを順次ご紹介。

 今回は、小湊鉄道終点、養老渓谷駅のひとつ手前の駅、上総大久保駅近くにある旧白鳥小学校へ。同校は、2013年、富山、高滝、里見の3小学校と共に、小中一貫校加茂学園に統合された。
 今は廃校となった旧白鳥小学校を会場にするのは、姜侖秀(カン・ユンス)さん。韓国のアーティストだが、奥様が日本人なので日本語は話せる。俳優で演出家でもある姜さんは、2012年に6カ国9人のアーティスト団体『Cake Tree Theatre』を創立。芸術監督を務め、無言劇『If only』は韓国密陽夏公演芸術祭で若手演出家展作品賞と演出賞を受賞し、韓国芸術経営支援センター主催の韓・英アーティスト交換プログラムでは韓国の代表に選ばれた。昨年は東京でも上演した。
 さて、今回の作品について伺うと、「作品は2つ。旧白鳥小での展示『いちはら人生劇場』と白鳥公民館での演劇『オバケノガッコウヘキテクダサイ』です。演劇作品が『観る演劇』だとすれば、展示作品は『体感する演劇』になっています。作品づくりの情報収集に、私と劇作家の保木本が1カ月市原に滞在して、南市原の50人近くの皆さんからお話を聞きました。そこで一番感じたのは、『つまらない人生』と感じている事柄が、実はとても大切なことなのだということです。これは市原に住む人たちだけでなく、市外に暮らす人たちにも共通することではないでしょうか。これを展示と演劇で表現し、共有したいと考えました」と答えた。  
 展示作品『いちはら人生劇場』は、学校に七不思議のおばけが住んでいるという設定。校舎に入ると職員室には地域や学校の物語が展示されており、テーブルの上に置かれた電話で、おばけと会話ができる。隣の校長室が受付。7つのおばけキャラクターの中から気に入ったおばけを選び、そのスタンプを手の甲に押す。次に教材室へ。小道具置き場になっている。保健室は楽屋。更に進み教室が劇場。ここで、選んだおばけキャラのメイクをして(実際にはしないが、したような仕掛けが)舞台へ。ここで、予想しなかった結末が待っている。「普通、劇場はロビーから客席だが、ここでは裏側から。小道具部屋、メイク室、ステージと俳優と同じ順序を辿る。普通できない経験を楽しんで。最後の部分は内緒」と姜さん。   
 演劇『オバケノガッコウヘキテクダサイ』は劇作家・演出家の保木本佳子さんの戯曲をベースに、 姜さんと俳優がディヴァイジング(脚本を用いずに即興で作品を作り上げる作劇法)で創作。ムーブメントディレクターとしてフィンランド人ボイスパフォーマー、ヘイニ・ヌカリさんを迎え、日韓英の俳優がおばけを演じる。ストーリーは、小学校におばけが住んでいて、子どもたちが話す集落の出来事を元に、毎晩演劇に興じている。ところがある日小学校が廃校になり、子どもたちが学校に来なくなった。自分たちの劇が創れなくなったおばけたちは、学習発表会で演技指導をしていた教師の力を借りて、演劇を上演し皆を呼び戻そうと考えるが…。
 取材日は、『国本一心会』やサポーターの皆さんが教室の片付け作業に駆けつけた。姜さんは「本当に嬉しい。暖かくて親切な人ばかり」と感激の面持ちだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る