防災、防犯を自らの手で担い、景観を守るために活動

 市原市青葉台団地入り口にある葎堰(むぐらぜき)が、ボランティアである『スーパーおじいちゃん』こと伊地知(いじち)博さん(73)と地元有志の方、そして市原市の連携により美しい景観に生まれ変わった。「昨年の台風26号で葎堰周辺は冠水、浸水被害にあった。水草が水門に詰まったことが原因。市原市に整備を要請するとともに、町会でもできることは協力して整備した」と話すのは、青葉台1丁目町会長の森川浩志郎さん(69)。
 市との連携に尽力した町会顧問の田中達郎さん(65)も、「堰の広さは約2万8千平方メートルと小学校の運動場2つ分。その堰上段部の雑草や雑木除去、家電を含む不法投棄物撤去などを昨12月から断続的に実施。今ではウオーキング中の方から綺麗になったととても褒めて貰える」と続ける。その功績に多大な貢献をもたらした伊地知さんは、「作業は毎日続けた。大変だったのは数メートルもある太い大木を切り倒すのに、どちらに倒れるか不安だったりしたこと。でも、大変だからこそやりがいがあった」と語る。
「防災、防犯、景観など多方面から見て意義のある活動です。堰の整備は進行中。コイやカメなど生物を大事にしながら、子どもが遊べる広場にしていけたら」と続ける森川さんは、町内の誇れる場所を嬉しそうに眺めた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る