防災、防犯を自らの手で担い、景観を守るために活動

 市原市青葉台団地入り口にある葎堰(むぐらぜき)が、ボランティアである『スーパーおじいちゃん』こと伊地知(いじち)博さん(73)と地元有志の方、そして市原市の連携により美しい景観に生まれ変わった。「昨年の台風26号で葎堰周辺は冠水、浸水被害にあった。水草が水門に詰まったことが原因。市原市に整備を要請するとともに、町会でもできることは協力して整備した」と話すのは、青葉台1丁目町会長の森川浩志郎さん(69)。
 市との連携に尽力した町会顧問の田中達郎さん(65)も、「堰の広さは約2万8千平方メートルと小学校の運動場2つ分。その堰上段部の雑草や雑木除去、家電を含む不法投棄物撤去などを昨12月から断続的に実施。今ではウオーキング中の方から綺麗になったととても褒めて貰える」と続ける。その功績に多大な貢献をもたらした伊地知さんは、「作業は毎日続けた。大変だったのは数メートルもある太い大木を切り倒すのに、どちらに倒れるか不安だったりしたこと。でも、大変だからこそやりがいがあった」と語る。
「防災、防犯、景観など多方面から見て意義のある活動です。堰の整備は進行中。コイやカメなど生物を大事にしながら、子どもが遊べる広場にしていけたら」と続ける森川さんは、町内の誇れる場所を嬉しそうに眺めた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る