防災、防犯を自らの手で担い、景観を守るために活動

 市原市青葉台団地入り口にある葎堰(むぐらぜき)が、ボランティアである『スーパーおじいちゃん』こと伊地知(いじち)博さん(73)と地元有志の方、そして市原市の連携により美しい景観に生まれ変わった。「昨年の台風26号で葎堰周辺は冠水、浸水被害にあった。水草が水門に詰まったことが原因。市原市に整備を要請するとともに、町会でもできることは協力して整備した」と話すのは、青葉台1丁目町会長の森川浩志郎さん(69)。
 市との連携に尽力した町会顧問の田中達郎さん(65)も、「堰の広さは約2万8千平方メートルと小学校の運動場2つ分。その堰上段部の雑草や雑木除去、家電を含む不法投棄物撤去などを昨12月から断続的に実施。今ではウオーキング中の方から綺麗になったととても褒めて貰える」と続ける。その功績に多大な貢献をもたらした伊地知さんは、「作業は毎日続けた。大変だったのは数メートルもある太い大木を切り倒すのに、どちらに倒れるか不安だったりしたこと。でも、大変だからこそやりがいがあった」と語る。
「防災、防犯、景観など多方面から見て意義のある活動です。堰の整備は進行中。コイやカメなど生物を大事にしながら、子どもが遊べる広場にしていけたら」と続ける森川さんは、町内の誇れる場所を嬉しそうに眺めた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る