直線縫いでパッチワーク

 菊間コミュニティ・保健福祉センターで『やさしいパッチワーク』(全6回)が4月から始まった。聴覚障がいのある栗原君江さん(日本手芸普及協会会員)が手話通訳者を伴って教えたのはペットボトルカバー。
 初日、参加者10名は8枚組み2柄、16枚組み1柄、計32枚の布を作った。厚紙を3センチ角の型紙にして鉛筆で生地に印を付け、周囲に1センチ弱の縫いしろをつけ裁断。できたら16枚組みの柄を1コマずつ空け市松模様に横8列縦4列に並べ、空いたところに残りの柄を交互に置き配置を決めた。それぞれ布片に番号をつけたら今回は終わり。 
 次回から縫うので栗原さんが「パッチワーク用の糸と針で細かく」とお手本を見せると、縫い目の正確さに参加者は感心していた。「はじめに横8枚を縫って32枚をつなげる」そうだ。あとは幅24センチで長さ6.5センチの布を上部に、4センチの布を下部につけて1枚に。それにキルト芯と裏布を重ねて縫いキルティングし、できた布を半分に折り、脇を縫い、24×5センチの口布をつける。それぞれ縫いしろは別にとる。下部も縫い合わせ底に三角マチを作って筒状にすると完成。栗原さんは同センターで障害者手帳を持つ方対象の講座も開いている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る