直線縫いでパッチワーク

 菊間コミュニティ・保健福祉センターで『やさしいパッチワーク』(全6回)が4月から始まった。聴覚障がいのある栗原君江さん(日本手芸普及協会会員)が手話通訳者を伴って教えたのはペットボトルカバー。
 初日、参加者10名は8枚組み2柄、16枚組み1柄、計32枚の布を作った。厚紙を3センチ角の型紙にして鉛筆で生地に印を付け、周囲に1センチ弱の縫いしろをつけ裁断。できたら16枚組みの柄を1コマずつ空け市松模様に横8列縦4列に並べ、空いたところに残りの柄を交互に置き配置を決めた。それぞれ布片に番号をつけたら今回は終わり。 
 次回から縫うので栗原さんが「パッチワーク用の糸と針で細かく」とお手本を見せると、縫い目の正確さに参加者は感心していた。「はじめに横8枚を縫って32枚をつなげる」そうだ。あとは幅24センチで長さ6.5センチの布を上部に、4センチの布を下部につけて1枚に。それにキルト芯と裏布を重ねて縫いキルティングし、できた布を半分に折り、脇を縫い、24×5センチの口布をつける。それぞれ縫いしろは別にとる。下部も縫い合わせ底に三角マチを作って筒状にすると完成。栗原さんは同センターで障害者手帳を持つ方対象の講座も開いている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る