直線縫いでパッチワーク

 菊間コミュニティ・保健福祉センターで『やさしいパッチワーク』(全6回)が4月から始まった。聴覚障がいのある栗原君江さん(日本手芸普及協会会員)が手話通訳者を伴って教えたのはペットボトルカバー。
 初日、参加者10名は8枚組み2柄、16枚組み1柄、計32枚の布を作った。厚紙を3センチ角の型紙にして鉛筆で生地に印を付け、周囲に1センチ弱の縫いしろをつけ裁断。できたら16枚組みの柄を1コマずつ空け市松模様に横8列縦4列に並べ、空いたところに残りの柄を交互に置き配置を決めた。それぞれ布片に番号をつけたら今回は終わり。 
 次回から縫うので栗原さんが「パッチワーク用の糸と針で細かく」とお手本を見せると、縫い目の正確さに参加者は感心していた。「はじめに横8枚を縫って32枚をつなげる」そうだ。あとは幅24センチで長さ6.5センチの布を上部に、4センチの布を下部につけて1枚に。それにキルト芯と裏布を重ねて縫いキルティングし、できた布を半分に折り、脇を縫い、24×5センチの口布をつける。それぞれ縫いしろは別にとる。下部も縫い合わせ底に三角マチを作って筒状にすると完成。栗原さんは同センターで障害者手帳を持つ方対象の講座も開いている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る