房総最古の浜降り神事 上総十二社祭り

神輿9基が九十九里浜を疾走

 9月13日(土)、長生郡一宮町にある玉前神社には昼前から大勢の人々が詰めかけていた。上総十二社祭りに参加する人たちをはじめ、カメラや三脚を手にした写真愛好家や見物客だ。同祭りは大同2(807)年に始まったと伝えられる房総最古の伝統ある浜降り神事で、県の無形民俗文化財に指定されている。
 玉前神社のご祭神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)と、その親族の十二社の神々が年に一度、玉依姫命が上陸したとされる釣ケ崎海岸で再会するというもの。ゆかりのある近郊市町村の神社から神輿が出て釣ケ崎海岸を目指す。玉前神社からは若宮・大宮2基の神輿が渡御。午後1時を過ぎると幣束(へいそく)をのせた神馬(かんのんま)1頭を先頭に、白装束に烏帽子(えぼし)をつけた神主(こうぬし)、緋色の鉢巻きをつけた命婦(みょうぶ)の騎馬4頭が宮出。次いで2基の神輿が発御(はつぎょ)。後乗りの神職、奉行2頭の騎馬もこれに続く。
 約480キロの神輿を担いで、祭典場となる釣ケ崎海岸へ向かう渡御が始まる。担ぎ手の男衆は白のサラシと短パン、足袋を身に付ける。『裸まつり』と呼ばれる所以である。一方、釣ケ崎海岸では十二社祭りを見ようと、神輿が到着する1時間以上前から見物客が待ち受ける。海岸近くに用意された駐車場は他県ナンバーの車も多く満車状態だった。
 次々と海岸際を汐ふみしながら駆けてくる近郊の7基の神輿。そのあと、玉前神社の神輿が神馬、神主、命婦の先導により、後乗りの神職、奉行の騎馬を従え祭典場へと到着する。威勢のいい掛け声や唄声が響き渡るなか、全神輿が参集すると一列に並び『一斉差し上げ』を行う。すさまじいほどの熱気を感じる。たとえば、玉前神社からの神輿は片道約8キロの道を走ってきており、他の神輿も何キロも走り祭典場にきたわけで、担ぎ手の交代や休憩が入ったにしても、疾走してきたのちの『一斉差し上げ』には、男衆の祭りにかけるパワーがみなぎっている。来場者は皆、神輿を担ぎ上げる勇壮な男衆の姿に魅了され拍手喝采。この『一斉差し上げ』は、2011年から東日本大震災の復興を祈願して始められた。『一斉差し上げ』のあと各社の神輿は海岸に建つ鳥居をくぐり、祭典場祭儀の所定地へ神輿を渡御する。
 夕刻、祭儀が終わると神輿は各々の神社へ向かう。途中の分かれ道で、玉前神社の神輿を待ち、神輿を差し上げ別れを惜しむ。埼玉県から来場した夫婦は「前から来たいと思っていた。午前中は玉前神社にお詣りして、雅楽を聴いたり神馬たちを見物した。商店街で買い物してからシャトルバスで祭典場まで来た。神輿も立派で担ぐ男たちも勇ましく迫力満点だった。来年は友人も誘って来たい」と感動した面持ち。地元の家族連れは「毎年、見に来る。遠くに住む親戚や町外で暮らす子どもも祭りの時には帰ってくる」と嬉しそうに話した。
 今年、見逃した人は是非、来年は見に行ってみては。尚、玉前神社では毎月、祭事や行事が行われ、10月は十二神社例祭等、11月には県無形民俗文化財に指定されている上総神楽奉奏が行われる氏子太々祭(だいだいさい)等も。詳細は同神社へ。

問合せ 玉前神社
TEL 0475・42・2711

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る