木の素材としての美しさを生かした家具と金属工芸

 12月23日(祝)まで、いすみ市の田園の美術館(いすみ市郷土資料館)にて『吉野郁夫 木の家具展』と『金子透・伊藤祐嗣 金工小品展』を同時開催している。
 入館するとまず小展示室があり、室内にはいすみ市在住のメタルクラフトジュエリー作家・金子透さんと金工作家(鍛金)・伊藤祐嗣さんの作品約40点が展示されている。金子さんの銀のジュエリーや茶碗、伊藤さんの鍋やパエリアパンなど、日々の暮らしを彩る品々。美しい青の銅器や銀のブローチやリングに目を奪われ、遊び心いっぱいの旅酒盃や銅手燭、鍋など自分が使う想像をして楽しい気分になる。  
 大展示室には木工作家・吉野郁夫さんの楢やオニグルミ、イタヤカエデ、山桜等の木で作られた家具が約20点展示されている。吉野さんは学生時代にアメリカの木工作家、ジェームズ・クレノフの著書と出会い、その静かな佇まいの作品と細部にまで行き届いた丁寧な仕事に惹かれ、クレノフ・スクールの家具作りを学ぶため31歳でアメリカに留学、帰国後の2007年から長生村に工房を構えた。
 精緻な仕上がりの家具や箱など、どれも木の素材の美しさが最大限に生かされている。その上で、随所に使い心地が良く長く使えるような工夫もこらされている。華美な装飾はほどこされていない分、置く場所や使う人を選ばないようにも見える。ベニヤやプラスチック等の新建材にはない、生きた木の魅力が十分に伝わってくる。本物だけがもつ使い込むほどに味わいが深くなる家具。
 担当学芸員の嶺島さんは「ものへのこだわりが作品に出ており、大量生産品にはない魅力とオリジナリティーや木目を美しく使っている今回の家具展示。金属工芸の展示とあわせて、木の板・銀の板・銅の板、素材の吟味から始まり、切る、曲げる、接ぎ合わせる、削る、穿つ、磨く等、完成に至るまでに積み重ねられた手仕事のプロセスを展示作品を通して想像してみていただければ」と話す。
 また、スタッフの伊藤さんは「美しさと堅牢さを突き詰めたシンプルな形の家具一つひとつが1枚の絵のように見えるように展示しようと思った」とも話した。

問合せ 田園の美術館(いすみ市弥正93の1)
TEL 0470・86・3708
開館時間9~16時30分、(月)休館(祝日は開館し翌日休館)、入館無料。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る