『おもいでの家』で安らぎの時間を

『いちはらアート×ミックス』の会場となった養老渓谷にあるアートハウスあそうばらの谷で、会期中レストランだった工房が、半年ぶりに期間限定で再開した。
 JA市原市女性部の皆さんは、「アート×ミックスが終わったあと、多くの方々から再開はしないのかと尋ねられたことと、紅葉で賑わうこの場所にお休み処がないこと、そして、私たちの活動の拠点を公民館からここに移し、ここに来れば誰かいるよと、高齢化が進む今、お年寄りも集える場にしていきたいと始めました。今回の結果をみて、メニューを増やすなど検討したい」と話す。
 11月22日から12月21日までの土日・祝日の11時から15時までオープンしている。今回のメニューはコーヒーと煎茶(市原産米を使った3種の煎餅付き)、お汁粉(自家製漬け物付き)。数が少ないため、メニューにはのせていないが、運が良ければ磯辺餅や安倍川餅、カレーも食べられる。
 店名は地元の人たちが、この地を「思い出のふるさと」と親しんでいたことから『おもいでの家』とした。
 皆さん手作りの素朴な手芸品や野山の草花や木の実などで店内や外観が飾られており、そこに女性たちの温かい笑顔と心のこもったもてなしや、おふくろの味が訪れる人の心を和ませてくれる。紅葉を一望できる庭の席はペット連れも可。
 12月上旬まで楽しめるという養老渓谷の紅葉。また、ウオーキングでは人気の梅ヶ瀬・大福山へのコース上に位置する場所。
 是非養老渓谷にお出かけの際に立ち寄ってみて。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る