『おもいでの家』で安らぎの時間を

『いちはらアート×ミックス』の会場となった養老渓谷にあるアートハウスあそうばらの谷で、会期中レストランだった工房が、半年ぶりに期間限定で再開した。
 JA市原市女性部の皆さんは、「アート×ミックスが終わったあと、多くの方々から再開はしないのかと尋ねられたことと、紅葉で賑わうこの場所にお休み処がないこと、そして、私たちの活動の拠点を公民館からここに移し、ここに来れば誰かいるよと、高齢化が進む今、お年寄りも集える場にしていきたいと始めました。今回の結果をみて、メニューを増やすなど検討したい」と話す。
 11月22日から12月21日までの土日・祝日の11時から15時までオープンしている。今回のメニューはコーヒーと煎茶(市原産米を使った3種の煎餅付き)、お汁粉(自家製漬け物付き)。数が少ないため、メニューにはのせていないが、運が良ければ磯辺餅や安倍川餅、カレーも食べられる。
 店名は地元の人たちが、この地を「思い出のふるさと」と親しんでいたことから『おもいでの家』とした。
 皆さん手作りの素朴な手芸品や野山の草花や木の実などで店内や外観が飾られており、そこに女性たちの温かい笑顔と心のこもったもてなしや、おふくろの味が訪れる人の心を和ませてくれる。紅葉を一望できる庭の席はペット連れも可。
 12月上旬まで楽しめるという養老渓谷の紅葉。また、ウオーキングでは人気の梅ヶ瀬・大福山へのコース上に位置する場所。
 是非養老渓谷にお出かけの際に立ち寄ってみて。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る