『おもいでの家』で安らぎの時間を

『いちはらアート×ミックス』の会場となった養老渓谷にあるアートハウスあそうばらの谷で、会期中レストランだった工房が、半年ぶりに期間限定で再開した。
 JA市原市女性部の皆さんは、「アート×ミックスが終わったあと、多くの方々から再開はしないのかと尋ねられたことと、紅葉で賑わうこの場所にお休み処がないこと、そして、私たちの活動の拠点を公民館からここに移し、ここに来れば誰かいるよと、高齢化が進む今、お年寄りも集える場にしていきたいと始めました。今回の結果をみて、メニューを増やすなど検討したい」と話す。
 11月22日から12月21日までの土日・祝日の11時から15時までオープンしている。今回のメニューはコーヒーと煎茶(市原産米を使った3種の煎餅付き)、お汁粉(自家製漬け物付き)。数が少ないため、メニューにはのせていないが、運が良ければ磯辺餅や安倍川餅、カレーも食べられる。
 店名は地元の人たちが、この地を「思い出のふるさと」と親しんでいたことから『おもいでの家』とした。
 皆さん手作りの素朴な手芸品や野山の草花や木の実などで店内や外観が飾られており、そこに女性たちの温かい笑顔と心のこもったもてなしや、おふくろの味が訪れる人の心を和ませてくれる。紅葉を一望できる庭の席はペット連れも可。
 12月上旬まで楽しめるという養老渓谷の紅葉。また、ウオーキングでは人気の梅ヶ瀬・大福山へのコース上に位置する場所。
 是非養老渓谷にお出かけの際に立ち寄ってみて。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市を拠点に活動しているVONDS市原ジュニアソフトボールクラブが、今夏に大阪市で開催された『第19回全日本中学生女子ソフトボール大会…
  2. トラツグミ  幾種類かのツグミの仲間が冬鳥として房総丘陵を訪れる。見通しの良い草地や田んぼではツグミ、日差しが差し込む明るい林ではアカハ…
  3. 赤いほおづき  11月4日は晴天日の確率が1位とニュースで知る。朝から雲ひとつない爽やかな晩秋の午後、庭木の手入れも進み、庭の隅に目をや…
  4.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  市原市を拠点に活動しているVONDS市原ジュニアソフトボールクラブが、今夏に大阪市で開催された『第19回全日本中学生女子ソフトボール大会…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る