『おもいでの家』で安らぎの時間を

『いちはらアート×ミックス』の会場となった養老渓谷にあるアートハウスあそうばらの谷で、会期中レストランだった工房が、半年ぶりに期間限定で再開した。
 JA市原市女性部の皆さんは、「アート×ミックスが終わったあと、多くの方々から再開はしないのかと尋ねられたことと、紅葉で賑わうこの場所にお休み処がないこと、そして、私たちの活動の拠点を公民館からここに移し、ここに来れば誰かいるよと、高齢化が進む今、お年寄りも集える場にしていきたいと始めました。今回の結果をみて、メニューを増やすなど検討したい」と話す。
 11月22日から12月21日までの土日・祝日の11時から15時までオープンしている。今回のメニューはコーヒーと煎茶(市原産米を使った3種の煎餅付き)、お汁粉(自家製漬け物付き)。数が少ないため、メニューにはのせていないが、運が良ければ磯辺餅や安倍川餅、カレーも食べられる。
 店名は地元の人たちが、この地を「思い出のふるさと」と親しんでいたことから『おもいでの家』とした。
 皆さん手作りの素朴な手芸品や野山の草花や木の実などで店内や外観が飾られており、そこに女性たちの温かい笑顔と心のこもったもてなしや、おふくろの味が訪れる人の心を和ませてくれる。紅葉を一望できる庭の席はペット連れも可。
 12月上旬まで楽しめるという養老渓谷の紅葉。また、ウオーキングでは人気の梅ヶ瀬・大福山へのコース上に位置する場所。
 是非養老渓谷にお出かけの際に立ち寄ってみて。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る