何気なく動かすことが大事!

 2月7日(日)、市原市五井の上総更級公園内で開催された『障がい者ヨガスポーツ教室』。市内ホットヨガスタジオで講師を勤める櫻木たまきさんは、「障がいの程度は個人によるため、ヨガはマット上でも椅子に座ってでも大丈夫です。ポーズの浅い深いも関係なく、大事なのは声を出すことや小さくても何気なく動かすことです」と参加者4名(5・60代)に穏やかなヨガを提案。
 現代人はストレスや考え事、電子機器の使用で身体が小さく固まりがち。呼吸法を意識するだけで身体を内側から積極的に動かすことができ、リラックス効果がある。また、「鼻呼吸をするとウィルスや細菌が体内に入り込む予防になるとともに、身体が温まるんですよ」と説明した。
 講座は約1時間。初めは肩を振ったり、指で全身を叩くなどして身体を軽くほぐしていく。そして、両手を大きく広げた『船に乗って風を受けるポーズ』や両手にコップを持って『声を出しながら飲み物をシャッフルポーズ』など櫻木さん命名のクスっと笑えるポーズへ。「痛かったら、その動きを避けてあげてください。普段よく転ぶ場合は、足先や脛(すね)の筋肉を鍛えてあげましょう。足の指を上下するだけで違います。足は年々細くなりますので、骨に愛情をかけてあげましょうね」と櫻木さん。
「普段から福祉センターで健康体操をしているけれど、呼吸を意識したことはなかったなぁ。面白かったですね」と参加者の声。おしりの穴を締めたり緩めたりするだけでも健康法!できる範囲でぜひ身体のメンテナンスを。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る