季節のスケッチ

俳画と文 松下 佳紀

百千鳥とは繁殖期の様々な鳥の鳴き声のこと。鳥たちには切実な命の営みだが、人間には美しく平和な合唱に聞こえる。この句、あえて平和裏としたのは昨今、平和を脅かす現象が世界中に頻発し、やりきれないからだ▼憎悪を煽る人種差別デモ。過激テロ。そのテロへの報復爆撃。拡散する戦争の火種。膨大な難民の群れ。世界的規模での貧富と格差、軍事費の増大。核兵器のボタンも押されかねない危機的地球▼非力な私は現状を嘆くだけだが、心ある仲間と共に「戦争反対!」と叫ぶことはできる。戦争は膨大な死と恐怖、絶望と憎悪を全世界にもたらすだけだ。正義の戦争、平和のための戦争などない。我々は戦争につながる全てに反対しなければならない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る