災害時、まず守るべきは自分と家族

 国内各地で火山の噴火が活発化している。近隣の千葉市が今後30年以内に震度6弱の地震に見舞われる確率は75%(全国第2位)。自然災害に対する危機感を持ち、緊急事態にまず自分と家族が生き延びるための対策を学ぼうと、6月2日、辰巳公民館で主催講座『地域防災講座 家庭を守る防災』が行われ、21名が参加した。講師は『(公社)SL災害ボランティアネットワーク』理事の坂内(ばんない)美佐子さん。
 地震が発生したときは、とにかく頭を守る。屋内の場合は机の下で机の脚をしっかりと握ること。災害時に持ち出すものとしては3日分の飲料や食料品などを準備しておく。外で災害に遭遇した場合に備え、水、糖分が摂取できる飴、ライト、瓦礫に埋もれ声が出せない時のために笛を携帯していると安心だ。日頃から家族で防災会議を行っておくことも大切で、非常持ち出し袋の置き場所、安否確認方法を相談しておく。NTTが提供する災害用伝言ダイヤル(171)の利用方法を体験しておくのもいいだろう。
 後半は、身近なものを使って簡単に作ることができる防災グッズの紹介。水洗トイレが機能しなくなる事態に役立つのがダンボールトイレ。同じ高さの2つのダンボールを使う。1つは箱のまま、もう1つは三角形に折り曲げ、中に重ね入れて便器代わりにし、レジ袋を取り替えながら使用する。実際に座ってみて「安定している」と参加者。ゴミ袋を使ったカッパも作った。「たくさん作って家族の鞄や車の中などに入れておいて。いざというとき、家庭や地域の指導者となって動いてください。災害発生時には近隣の住民全員が被災者。まず自分が助からなければ(自助)、近所の人と助け合う(共助)地域防災の循環が成り立たない」と坂内さん。ひとりでも多くの人が自らの安全を確保し、他人を支援できる状況が作れるよう意識を持つことが必要だといえる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  2.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  3.  以前にもこのコラムのなかで書いたことがあると思いますが、14世紀のヨーロッパでは、人口の約3分の1が生命を奪われた黒死病(ペスト)の大流行…
  4.  子供の頃、さわって遊んだ人も多いのではないでしょうか?里山や森の地面に2~3個並んでいるのを見かけるホコリタケというキノコ。ホコリタケとい…
  5.  6月12日(土)、黒田尚嗣さん(65)(ペンネーム『平成芭蕉』)の講演『世界遺産の旅~長崎、天草地方の潜伏キリシタン関連遺産群の旅』が開催…
  6.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  7. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  8.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  9.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る