災害時、まず守るべきは自分と家族

 国内各地で火山の噴火が活発化している。近隣の千葉市が今後30年以内に震度6弱の地震に見舞われる確率は75%(全国第2位)。自然災害に対する危機感を持ち、緊急事態にまず自分と家族が生き延びるための対策を学ぼうと、6月2日、辰巳公民館で主催講座『地域防災講座 家庭を守る防災』が行われ、21名が参加した。講師は『(公社)SL災害ボランティアネットワーク』理事の坂内(ばんない)美佐子さん。
 地震が発生したときは、とにかく頭を守る。屋内の場合は机の下で机の脚をしっかりと握ること。災害時に持ち出すものとしては3日分の飲料や食料品などを準備しておく。外で災害に遭遇した場合に備え、水、糖分が摂取できる飴、ライト、瓦礫に埋もれ声が出せない時のために笛を携帯していると安心だ。日頃から家族で防災会議を行っておくことも大切で、非常持ち出し袋の置き場所、安否確認方法を相談しておく。NTTが提供する災害用伝言ダイヤル(171)の利用方法を体験しておくのもいいだろう。
 後半は、身近なものを使って簡単に作ることができる防災グッズの紹介。水洗トイレが機能しなくなる事態に役立つのがダンボールトイレ。同じ高さの2つのダンボールを使う。1つは箱のまま、もう1つは三角形に折り曲げ、中に重ね入れて便器代わりにし、レジ袋を取り替えながら使用する。実際に座ってみて「安定している」と参加者。ゴミ袋を使ったカッパも作った。「たくさん作って家族の鞄や車の中などに入れておいて。いざというとき、家庭や地域の指導者となって動いてください。災害発生時には近隣の住民全員が被災者。まず自分が助からなければ(自助)、近所の人と助け合う(共助)地域防災の循環が成り立たない」と坂内さん。ひとりでも多くの人が自らの安全を確保し、他人を支援できる状況が作れるよう意識を持つことが必要だといえる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る