台湾の学生 医療・福祉施設を視察

 8月19日、台湾・南開科技大学から、市内に視察団が訪れた。助理教授の李さんと社会人修士である学生たちは、医療と福祉の連携施設を見学したいと希望。当日は、馬立の医療法人社団緑祐会・永野病院、介護老人保健施設・梅香苑、牛久の南部保健福祉センターをまわり、最後に、今年3月にオープンした喜多の社会福祉法人市原うぐいす会の特別養護老人ホーム・グリーンホームへと、到着した。
 両法人の理事長・永野佑一さんは、「子どもや一般市民と入居者が、身近にふれあえる環境を重視しています」と、グリーンホームのコンセプトを説明。約3000坪の広大な敷地には、桜が植栽された車イスで通れる遊歩道もあり、隣接地は市民サッカー球団「ボンズ市原」のホームグラウンド。スポーツを楽しむ子どもからシニアまで、多くの市民と自然な交流ができるようになっている。ミニ家庭菜園の整備も予定中だ。
 その後、学生たちは永野さんの説明を聞きながら、施設内を見学。10の個室と共同フロアひとつで1区画の構成になっていることや、配膳室での衛生管理、入居者がより自宅感覚で過ごせる個室の自由レイアウトなど、運営方法にも熱心に質問した。特に学生たちが驚いたのは、入浴設備。専用ベッドに利用者を乗せると、横移動して浴槽に沈む形になっており、介護者も利用者も負担が軽くなっている。「福祉の先進機器も実際に見ることができ、貴重な学びの機会になった」と、学生たちは永野さんらスタッフに礼を述べ、視察は和やかな雰囲気で終了。一行は笑顔でグリーンホームを後にした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る