台湾の学生 医療・福祉施設を視察

 8月19日、台湾・南開科技大学から、市内に視察団が訪れた。助理教授の李さんと社会人修士である学生たちは、医療と福祉の連携施設を見学したいと希望。当日は、馬立の医療法人社団緑祐会・永野病院、介護老人保健施設・梅香苑、牛久の南部保健福祉センターをまわり、最後に、今年3月にオープンした喜多の社会福祉法人市原うぐいす会の特別養護老人ホーム・グリーンホームへと、到着した。
 両法人の理事長・永野佑一さんは、「子どもや一般市民と入居者が、身近にふれあえる環境を重視しています」と、グリーンホームのコンセプトを説明。約3000坪の広大な敷地には、桜が植栽された車イスで通れる遊歩道もあり、隣接地は市民サッカー球団「ボンズ市原」のホームグラウンド。スポーツを楽しむ子どもからシニアまで、多くの市民と自然な交流ができるようになっている。ミニ家庭菜園の整備も予定中だ。
 その後、学生たちは永野さんの説明を聞きながら、施設内を見学。10の個室と共同フロアひとつで1区画の構成になっていることや、配膳室での衛生管理、入居者がより自宅感覚で過ごせる個室の自由レイアウトなど、運営方法にも熱心に質問した。特に学生たちが驚いたのは、入浴設備。専用ベッドに利用者を乗せると、横移動して浴槽に沈む形になっており、介護者も利用者も負担が軽くなっている。「福祉の先進機器も実際に見ることができ、貴重な学びの機会になった」と、学生たちは永野さんらスタッフに礼を述べ、視察は和やかな雰囲気で終了。一行は笑顔でグリーンホームを後にした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る