寒さなんてへっちゃら!風よ吹け

 昨冬、姉崎公民館で行われたワクワク楽しい授業『くるくるクラゲ』。主催者である森眞一さんは市原市内在住で、青葉台サロンや姉崎公民館で月1回ずつ物づくりをする会を開催している。今回の授業に集ったのは全6名(大人3、子ども3)。「くるくるクラゲは、空中で回る様子がまるでクラゲのようなのでこう呼ばれる風車の一種です。おしゃべりをしながら楽しみましょう」と森さん。
 まずは好きな色の折り紙を1枚選んだ参加者たちは、ハサミを使って印刷通りに切り込みを入れていく。点の描いてある場所が左右違ったり、色の付いている方に注意しながら先端同士を糊で貼りつけたりと、注意するポイントも数点。「糊がつくまでしっかりと指で押さえていてね」という指示に従いながら、完成までにかかった時間は約20分。
 紐を通して手持ち用の輪をつけると、「走ってごらん。綺麗に回るよ」と話す森さんの言葉に、子ども達に混じって大人も廊下を駆け抜ける。また、階段の上から安全に配慮しながらくるくるクラゲを落とすと、数メートル下の一階から見上げる参加者たちは歓声をあげた。 色とりどりのクラゲは走って回すのも良し、ベランダや庭に飾って風で回るのを眺めるのも良し。他にも別の2種類の風車を作成したり、手遊びうたも交えて進行した約2時間。長い冬の始まりには、面白い遊びをたくさん吸収できた授業になったのではないだろうか。 (松丸)

問合せ 森さん
TEL 0436・61・5743

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る