季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

日本人は季節の推移や、それに伴う様々な自然現象を見る目はかなり敏感だ。それは四季という明確な区割りのある国に生まれ、ごく自然にその感受性を身につけたからだ▼明確な区割りといっても暦をめくれば、すぐ次の季節になるわけではない。季節は微妙な表情や色合いを見せながら移り変わってゆくのだが、それを発見し見定めることも多くの日本人のささやかな喜びとなっているのは確かだ▼とりわけ俳句は季節を基礎とした詩であるから、俳人はより鋭敏な感覚や観察眼を求められ、それを作品に投影させなければならない▼さて、二月は冬と春が綱引きをしている季節だ。寒暖の日々を繰り返しながら、やがて春は気づく。冬が別れの言葉も告げず立ち去っていたことに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る