彼岸の海 山里吾郎

 むしょうに海が見たくなった。それも故郷ののどかな海を。寒さが長引き、3月の前半まで時折、激しい雨に見舞われたせいだろうか。ようやく桜の便りが届き始め、三寒の後、穏やかな日差しが続くようになり、縮こまっていた気持ちが一気に広がったようだ。頃は彼岸、両親の墓参りを兼ね館山道を下った▼鋸山のトンネルを抜けるとすぐに高速の出口。先日も紹介したが道の駅・保田小に寄り供花を購入、墓前に手を合わせた▼ここから海に向かって車を走らせる。目的地は元名海岸。実は前日、テレビの旅番組で歌手の八代亜紀さんと芸人の椿鬼奴さんがここを訪れ、新鮮な魚介に舌鼓を打っていた。たまたまこれを見たことが故郷行をさらに後押しした▼通称・八幡と呼ばれる磯と、海岸に突き出た鋸山の先端まで弓状に広がるのどかな海。ここには本家もあり、かつては民宿を営んでいた。海好きだった父は愛舟(ボート)を砂浜に定置、週末には決まって漕ぎ出した。海水浴場としても一級の立地で東京都の臨海学園が建っていた。その跡地に最近ホテルがオープン、旅番組の2人はそこに宿泊していた▼懐かしい風と潮、砂の匂い。ホテルのスタッフか、砂浜を清掃する若者たち、さらに波打ち際で戯れる親子連れの姿も。陽光目映く、彼岸の海はどこまでも緩やかにゆったりと広がっていた▼春は、豊かな海の幸も運んでくる。ワカメから始まり、ヒジキ、カジメ、テングサ…。トコブシ、アワビ、サザエさらにイセエビ。海岸からそのままフェリー乗り場へ足を延ばし魚介類を買い出し、その夜の晩酌はついつい度を過ごした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る