彼岸の海 山里吾郎

 むしょうに海が見たくなった。それも故郷ののどかな海を。寒さが長引き、3月の前半まで時折、激しい雨に見舞われたせいだろうか。ようやく桜の便りが届き始め、三寒の後、穏やかな日差しが続くようになり、縮こまっていた気持ちが一気に広がったようだ。頃は彼岸、両親の墓参りを兼ね館山道を下った▼鋸山のトンネルを抜けるとすぐに高速の出口。先日も紹介したが道の駅・保田小に寄り供花を購入、墓前に手を合わせた▼ここから海に向かって車を走らせる。目的地は元名海岸。実は前日、テレビの旅番組で歌手の八代亜紀さんと芸人の椿鬼奴さんがここを訪れ、新鮮な魚介に舌鼓を打っていた。たまたまこれを見たことが故郷行をさらに後押しした▼通称・八幡と呼ばれる磯と、海岸に突き出た鋸山の先端まで弓状に広がるのどかな海。ここには本家もあり、かつては民宿を営んでいた。海好きだった父は愛舟(ボート)を砂浜に定置、週末には決まって漕ぎ出した。海水浴場としても一級の立地で東京都の臨海学園が建っていた。その跡地に最近ホテルがオープン、旅番組の2人はそこに宿泊していた▼懐かしい風と潮、砂の匂い。ホテルのスタッフか、砂浜を清掃する若者たち、さらに波打ち際で戯れる親子連れの姿も。陽光目映く、彼岸の海はどこまでも緩やかにゆったりと広がっていた▼春は、豊かな海の幸も運んでくる。ワカメから始まり、ヒジキ、カジメ、テングサ…。トコブシ、アワビ、サザエさらにイセエビ。海岸からそのままフェリー乗り場へ足を延ばし魚介類を買い出し、その夜の晩酌はついつい度を過ごした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…
  2. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  3.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  4.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  5. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  6.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  7.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る