シャクアマミガサタケ赤いクマにはご用心!

 4月に『アミガサタケは美味しいよ~♪』という話を書きました。が、今回はその仲間にアブナイ奴がいるのでご紹介しますね。
 その名はシャグマアミガサタケ(赭熊網傘茸)、見ての通り赤土色のグニャグニャしたキノコで、春から初夏にかけて針葉樹の根元に生えます。典型的なものはキノコらしい形をしていますが、一見キクラゲのような形になっていることもあります。アミガサタケのような規則的な網模様ではなく脳ミソのような模様ですが、全体の質感はだいたい似ています。まあ、一目見ただけでコイツはただ者じゃないな!という感じがしますよね。県内では自然度の高い山の尾根などで時々見かけます。
 さてこのキノコ、腹痛、嘔吐、けいれん、重症の場合は死亡例もあり、発ガン性まであるという猛毒キノコです。が、なんとフィンランドでは食用で、缶詰まで出ています。毒成分は沸点が水より低いため煮沸したり乾燥してから茹でこぼしたりして、毒抜きしてから食べているようです。でも注意しなくてはいけないのはその際の湯気などを吸っても中毒を起こすこと。なんという狂暴さでしょう!
 ネットでは毒抜きの方法がかなり詳しく書かれているので「やってみよう!」と思う人もいるかもしれません。でもフグも食べられますが調理には資格が必要で、家庭ではフグ刺しは作りませんよね。このキノコは缶詰でさえ毒抜きをしないとそのままでは食べられないとか。
 毒キノコは毒キノコ、生半可な知識で面白半分に食べないようにしたいものです。また食用のアミガサタケも生食すると中毒するらしいので、しっかり加熱してから食べるようにしてくださいね。

(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る