シャクアマミガサタケ赤いクマにはご用心!

 4月に『アミガサタケは美味しいよ~♪』という話を書きました。が、今回はその仲間にアブナイ奴がいるのでご紹介しますね。
 その名はシャグマアミガサタケ(赭熊網傘茸)、見ての通り赤土色のグニャグニャしたキノコで、春から初夏にかけて針葉樹の根元に生えます。典型的なものはキノコらしい形をしていますが、一見キクラゲのような形になっていることもあります。アミガサタケのような規則的な網模様ではなく脳ミソのような模様ですが、全体の質感はだいたい似ています。まあ、一目見ただけでコイツはただ者じゃないな!という感じがしますよね。県内では自然度の高い山の尾根などで時々見かけます。
 さてこのキノコ、腹痛、嘔吐、けいれん、重症の場合は死亡例もあり、発ガン性まであるという猛毒キノコです。が、なんとフィンランドでは食用で、缶詰まで出ています。毒成分は沸点が水より低いため煮沸したり乾燥してから茹でこぼしたりして、毒抜きしてから食べているようです。でも注意しなくてはいけないのはその際の湯気などを吸っても中毒を起こすこと。なんという狂暴さでしょう!
 ネットでは毒抜きの方法がかなり詳しく書かれているので「やってみよう!」と思う人もいるかもしれません。でもフグも食べられますが調理には資格が必要で、家庭ではフグ刺しは作りませんよね。このキノコは缶詰でさえ毒抜きをしないとそのままでは食べられないとか。
 毒キノコは毒キノコ、生半可な知識で面白半分に食べないようにしたいものです。また食用のアミガサタケも生食すると中毒するらしいので、しっかり加熱してから食べるようにしてくださいね。

(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る