驚きの具材でフルーツちらし

 3月21日、茂原市東部台文化会館主催事業『フルーツちらし寿司と焼売でかんたんおもてなし料理』(大多喜ガス(株)後援)が開かれた。講師は栄養士の佐土邦枝さん。参加した男女16名は、はじめにバターと三温糖で焼くリンゴのキャラメリゼを作ったあと、ちらし寿司に取りかかった。
 寿司飯は米3カップに昆布と酒を入れて炊く。佐土さんお勧めのすし酢は酢大さじ4、塩5g、グラニュー糖12g。「グラニュー糖でさわやかな味が出ます。砂糖が少なく健康的でさまざまな具材に応用できます」とのこと。ご飯が炊けたら、すし酢を素早く混ぜたあと、ほどよくさまして具を加えた。具材は手軽な市販品を用い、角切りにした黄桃1缶分、福神漬けと黒豆煮各180gを使う。参加者は「意外な組み合わせ」と驚くが、佐土さんは「いつでも簡単に作れ、黒豆のタンパク質もとれます」と説明。各調理台を回り、「飯台はあらかじめ1対1の割合の酢水で湿らせた酢布巾で拭いて」、「飾り用の大葉や薄焼卵は丸めて千切りに」など料理の基本を伝えると参加者は感心したり、質問したり。キュウリをブーケ形にする飾り切りの実演も真剣な表情で見ていた。
 中国四川料理人故陳建民氏に師事した佐土さんによるシュウマイ(30個分)は、豚肉400gと玉葱200gから作る。半量に桜エビとカキ油を加え2種にし、餃子の皮を使った蘭の花のような包み方も習った。具たっぷり本格シュウマイに参加者は「おいしい」と大満足。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る