驚きの具材でフルーツちらし

 3月21日、茂原市東部台文化会館主催事業『フルーツちらし寿司と焼売でかんたんおもてなし料理』(大多喜ガス(株)後援)が開かれた。講師は栄養士の佐土邦枝さん。参加した男女16名は、はじめにバターと三温糖で焼くリンゴのキャラメリゼを作ったあと、ちらし寿司に取りかかった。
 寿司飯は米3カップに昆布と酒を入れて炊く。佐土さんお勧めのすし酢は酢大さじ4、塩5g、グラニュー糖12g。「グラニュー糖でさわやかな味が出ます。砂糖が少なく健康的でさまざまな具材に応用できます」とのこと。ご飯が炊けたら、すし酢を素早く混ぜたあと、ほどよくさまして具を加えた。具材は手軽な市販品を用い、角切りにした黄桃1缶分、福神漬けと黒豆煮各180gを使う。参加者は「意外な組み合わせ」と驚くが、佐土さんは「いつでも簡単に作れ、黒豆のタンパク質もとれます」と説明。各調理台を回り、「飯台はあらかじめ1対1の割合の酢水で湿らせた酢布巾で拭いて」、「飾り用の大葉や薄焼卵は丸めて千切りに」など料理の基本を伝えると参加者は感心したり、質問したり。キュウリをブーケ形にする飾り切りの実演も真剣な表情で見ていた。
 中国四川料理人故陳建民氏に師事した佐土さんによるシュウマイ(30個分)は、豚肉400gと玉葱200gから作る。半量に桜エビとカキ油を加え2種にし、餃子の皮を使った蘭の花のような包み方も習った。具たっぷり本格シュウマイに参加者は「おいしい」と大満足。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る