驚きの具材でフルーツちらし

 3月21日、茂原市東部台文化会館主催事業『フルーツちらし寿司と焼売でかんたんおもてなし料理』(大多喜ガス(株)後援)が開かれた。講師は栄養士の佐土邦枝さん。参加した男女16名は、はじめにバターと三温糖で焼くリンゴのキャラメリゼを作ったあと、ちらし寿司に取りかかった。
 寿司飯は米3カップに昆布と酒を入れて炊く。佐土さんお勧めのすし酢は酢大さじ4、塩5g、グラニュー糖12g。「グラニュー糖でさわやかな味が出ます。砂糖が少なく健康的でさまざまな具材に応用できます」とのこと。ご飯が炊けたら、すし酢を素早く混ぜたあと、ほどよくさまして具を加えた。具材は手軽な市販品を用い、角切りにした黄桃1缶分、福神漬けと黒豆煮各180gを使う。参加者は「意外な組み合わせ」と驚くが、佐土さんは「いつでも簡単に作れ、黒豆のタンパク質もとれます」と説明。各調理台を回り、「飯台はあらかじめ1対1の割合の酢水で湿らせた酢布巾で拭いて」、「飾り用の大葉や薄焼卵は丸めて千切りに」など料理の基本を伝えると参加者は感心したり、質問したり。キュウリをブーケ形にする飾り切りの実演も真剣な表情で見ていた。
 中国四川料理人故陳建民氏に師事した佐土さんによるシュウマイ(30個分)は、豚肉400gと玉葱200gから作る。半量に桜エビとカキ油を加え2種にし、餃子の皮を使った蘭の花のような包み方も習った。具たっぷり本格シュウマイに参加者は「おいしい」と大満足。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去の記事はこちら

ニュース

スポーツ

サークル情報

スタッフブログ

ページ上部へ戻る