【市原市】世界に1つだけの花をつくって

 4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり、講座ではピンク色のカーネーションやバラを含めた計9種類の花々が並べられた。講師は有秋台でフラワーショップを営み、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会認定の講師資格を持つ川本葉子さん。

「フラワーアレンジメントは元々欧米発祥です。それが現代では日本の伝統である生け花とうまく融合しています。花は人生の様々な場面に登場する身近なもの。季節によって異なる花を楽しみ、癒されてください」と、説明した。

 アレンジで重要なのはバランスのとり方。たとえ小さな器の中であっても、自然界の花々にあるような高低を出すことがコツだとか。ポイントになる花で三角形を作り、そのまわりにサブとなる花を入れていくとバランスはとれるという。
 「バラやガーベラなど大きな花はなるべく手前に。かすみ草やブルースターなど小さな花は上部に持ってくるといいでしょう。茎を切る時は、水分を吸いやすいように斜めにしてください」というアドバイスに耳を傾け、参加者たちは悩みながらも花の位置を決めていく。

完成した作品にはそれぞれの個性が現れていて、同じ花を使っているのにイメージは異なるものに。口々に「初めは緊張したけれど、始めたら迷いがなかったです」、「これはまだ蕾だから咲いたらどんな風になるかな」と感想を話してはお互いの作品を眺めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る