認知症について、私たちは何を知っておくべきなのだろうか【市原市】

 2月9日(日)、市原市勤労会館(youホール)で開催された講演会『認知症になってもこわくない』。いちはら市民ネットワーク主催で行われた同講座の講師は安田清さん。言語聴覚士、学術博士で工業大学や医科大学にも籍があるなど現在様々な顔を持つ安田さんは、千葉労災病院で長く認知症のリハビリテーションに取り組んでいた。「夫婦二人いれば、今の時代はどちらかが認知症、どちらかが癌になることは珍しくありません。認知症にならない!ではなく、そうなってしまっても大丈夫なように備えることが大切です」と、講演会の冒頭で語った。

認知症の現状

 認知症と呼ばれるものには、症状は大きく4つの型で分類されている。その中には脳血管疾患や甲状腺機能低下が原因とされる認知症もあり、それらは成人病予防や手術をすることによってある程度の罹患減少が可能とされる。「一番厄介なのがアルツハイマー型などの変性型です。変性型認知症の進行を遅くする薬は4種類ありますが、効果は人によって異なりますし、まだ治癒薬はありません。魚や酒、サプリで認知症予防をうたう情報も多いですが、こちらの効果も確立していません」と説明する。厚生労働省は、高齢者の増加傾向が著しい今後の社会を懸念して、認知症本人と支える側のケアに焦点を当てた地域づくりを目指す『新オレンジプラン』を取りまとめ、公表している。だが、安田さんは「核家族化が進んでいることもあり、本人や介護する側の孤立を防止することが大切。そのための、記憶支援具の貸し出し制度や、周囲と簡単に繋がるための通信費の助成など、まだ取り組みとしてまったく行われていない施策があると思っています」と、訴える。
 それでは、認知症であるかはどう判断されるのだろうか。普段の生活の中でよく起こりうるのは物忘れだが、認知症かと不安になるかもしれない。認知症の症状は、約束や昨日食べた物を忘れてしまうなどのエピソード記憶が鈍くなることを指す。病院のMRI検査では初期の異常の発見が遅れることも多く、詳細な記憶の検査が必要だとか。「思い出せない、覚えられない、活用できない。つまり認知症は情報障害ともいえるのです。それなら、外部メモリとしての情報技術を活用すれば、薬の開発を待つより早いのではないでしょうか。足が悪い人は車椅子、耳が悪ければ補聴器、目が悪ければ眼鏡を使いますよね」と、思わず頷いてしまう考え方だ。

どんな備えがあるの?

 では、認知症になってしまった場合に活用できる道具をご紹介。まずはメモリーベスト。ベストの裏に6個のポケットがあり、忘れてしまった時のためにメモを入れられるようになっている。背中上部には住所を書いた名札があり、道に迷った時に周囲の人間も助けやすく、肩のパッドにはGPSを入れることも可能。次は物忘れセンサー。家の中の日用品も置いた場所が分からないと大変だ。主要な物にセンサーを付けておくと、見つけられない時に専用のボタンを押すと音が鳴って場所を教えてくれる。そして、薬ケースグッズは朝、昼、晩の3回、時間になると音で薬を飲むことをお知らせするのだ。患者や介護者と身近な視点から関わり続け、あらゆる道具を開発してきた安田さんが他に提唱するのは、コミュニケーションの大切さだ。
 スマートフォンやネットの普及により、『LINE』や『スカイプ』など無料通信ソフトも進化を続けている。10人同時にテレビ電話できる機能を利用すれば、介護者同士の情報や問題共有にも有効に活用できる。また、ボランティアとのテレビ電話会話網も作ったので、パソコン画面での写真をお互いに見ながら会話をすることもできるとか。さらに人間だけでなく、バーチャルエージェントと呼ばれる機械上での人物との会話も有効だと安田さんは説く。「身近な人間だと、どうしても何度も同じことを言われると疲れてしまう。ほぼ完成しているのは、会話ができる子どものエージェント。患者さんの話が終わって数秒経つと自動的に質問を投げてくれるんです。40分会話を続けた方は、最後に楽しかったと泣いておられました」と、安田さん。
 認知症患者だけでなく、介護する側の気持ちも忘れてはならない。安田さんは、「特に男性の方は一人で解決しようとしがち。毎月第2土曜日には市原市若宮で『もの忘れ・認知症 寄りあいサロン』を、奇数月の第4土曜日には市原市辰巳台で『介護者居酒屋』を開催しています。お互い気軽に話してみませんか」と、呼びかけた。会場からは、「85歳の母と最近喧嘩が増えました。気性の変化も認知症なのでしょうか」、「軽度認知症の姉が重要な書類にサインしてしまいました。取り消せますか」など、多くの質問が飛んでいた。

問合せ: いちはら市民ネットワーク
TEL.0436・21・1907
安田さん
TEL.0436・74・3384
mail:yasukiyo.12@outlook.jp
https://gensoshi.jimdofree.com/
著書「MCI・認知症のリハビリテーション(エスコアール社)」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る