ハーブ王子の森の生活 ~ヨモギのパウンドケーキ~

 敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、やっと重い腰をあげてキットを注文しました。
 説明書を読むと専門用語が並び、心が折れそうになりましたが、それでも一つ一つ意味を調べて取り掛かります。まずは基礎作り。地面を固め、石や砂を敷き、土台となるブロックを水平に並べてモルタルで固めます。その上に材木で骨組みを作り、壁を組み立て、屋根を乗せてペンキで色を塗りあげて完成です。仕事が休みの日にしか作業が出来ないので、だいぶ日数がかかってしまいましたが、小屋作りは意外と面白く、今度は自分だけの隠れ家作りに挑戦してみたくなりました。森の中では全てが手作業で進んでいきます。世界で一つだけの庭づくりの完成はまだまだ先ですが、急がずにゆっくりと作り上げて行くつもりです。
 さて、ヨモギもあちこちに沢山生えてきました。春はやっぱりこの春の女王のハーブを使って、ヨモギのパウンドケーキを作りたいと思います。

 

・材料:ヨモギの若葉50g、塩少々、薄力粉250g、牛乳200㎖、バター150g、黒糖150g、卵3個、蜂蜜30g、ベーキングパウダー小さじ1+1/2、胡桃60g

 

・作り方
①沸騰したお湯の中に塩とヨモギの葉を入れアク抜きしながら1分ほど煮る。水に浸し、絞って水分をよく切っておく。
②ミキサーに①を入れピューレ状にする。
③室温に戻したバターを大きめのボウルに入れ、ハンドミキサーでクリーム状にし、砂糖を少しずつ入れて攪拌する。
④ ③に卵、蜂蜜、②のピューレを入れてさらに攪拌する。
⑤ ④に振るった薄力粉とベーキングパウダーを入れ、ゴムべらでざっくりと混ぜ、パウンドケーキ(20×8㎝程度)の型に流し込む。
⑥ ⑤の上に手で砕いた胡桃をまぶし、190度に熱したオーブンで40分ほど焼き上げる。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る