ハーブ王子の森の生活 ~ヨモギのパウンドケーキ~

 敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、やっと重い腰をあげてキットを注文しました。
 説明書を読むと専門用語が並び、心が折れそうになりましたが、それでも一つ一つ意味を調べて取り掛かります。まずは基礎作り。地面を固め、石や砂を敷き、土台となるブロックを水平に並べてモルタルで固めます。その上に材木で骨組みを作り、壁を組み立て、屋根を乗せてペンキで色を塗りあげて完成です。仕事が休みの日にしか作業が出来ないので、だいぶ日数がかかってしまいましたが、小屋作りは意外と面白く、今度は自分だけの隠れ家作りに挑戦してみたくなりました。森の中では全てが手作業で進んでいきます。世界で一つだけの庭づくりの完成はまだまだ先ですが、急がずにゆっくりと作り上げて行くつもりです。
 さて、ヨモギもあちこちに沢山生えてきました。春はやっぱりこの春の女王のハーブを使って、ヨモギのパウンドケーキを作りたいと思います。

 

・材料:ヨモギの若葉50g、塩少々、薄力粉250g、牛乳200㎖、バター150g、黒糖150g、卵3個、蜂蜜30g、ベーキングパウダー小さじ1+1/2、胡桃60g

 

・作り方
①沸騰したお湯の中に塩とヨモギの葉を入れアク抜きしながら1分ほど煮る。水に浸し、絞って水分をよく切っておく。
②ミキサーに①を入れピューレ状にする。
③室温に戻したバターを大きめのボウルに入れ、ハンドミキサーでクリーム状にし、砂糖を少しずつ入れて攪拌する。
④ ③に卵、蜂蜜、②のピューレを入れてさらに攪拌する。
⑤ ④に振るった薄力粉とベーキングパウダーを入れ、ゴムべらでざっくりと混ぜ、パウンドケーキ(20×8㎝程度)の型に流し込む。
⑥ ⑤の上に手で砕いた胡桃をまぶし、190度に熱したオーブンで40分ほど焼き上げる。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る