生徒と共に歩んだ熱血先生 定年退職記念コンサートを8月に開催~ 元京葉高校校長 酒井 一成さん~【市原市】

 千葉県立京葉高等学校の元校長酒井一成さんはこの3月に定年退職した。幕張西高校、京葉高校、君津高校、生浜高校では国語教員、千葉県総合教育センターでは若手教員の育成、君津特別支援学校、幕張総合高校、館山総合高校では管理職として勤務する傍ら、演劇部顧問として数々のミュージカルを制作、上演してきた熱血先生だ。忙しい職務に加えて、アマチュア演劇集団も主催し地域に文化交流の場を育てている。4月以降も再任用制度により県立君津高校で教壇に立つが、これまでの一区切りとして8月に退職記念コンサートを予定。京葉高校在職中にお話を伺った。

演劇部顧問として

「演劇は、運動部のように必ず守らなければならない約束もあるし、人との関わり方も学ばなければならない。演じる他に、絵やデザイン、物づくり、文章書き、音響、照明など多くのことが要求されます。指導する側から言うと、それぞれの生徒のいいところを引き出すことができる。歌や踊りが好きな生徒もいて、じゃあ、ミュージカルにしようかって。取り組んでいるうちに一人一人がどんどん育っていくんですね。弱々しかった1年生が3年生になるころには堂々と舞台に立っている…生徒の成長した姿を目にするのは本当に嬉しいです」。長年の演劇指導を振り返り、酒井さんはこう語る。

 これまでに書いた脚本の数は約40本、オリジナル曲は数え切れない。自作の台本にこだわる理由について尋ねると「既成のものは人数が合わないことが多くてね。誰かが1つの役をやって誰かが我慢というのは嫌だし、生徒の個性を大事にしてそれぞれ見せ場を作ってあげたい…それで脚本を作っちゃおうって」とのこと。多くの勤務校で熱い指導を展開、高校演劇の地区大会を勝ち抜き、県大会出場を度々叶えてきた。

 また、酒井さんは、2000年に京葉高校演劇部のOBを中心としてアマチュア演劇集団「NeverLand Musical Factory」を結成した。在籍した学校の垣根を越えて10代から50代までの団員たちが月に2~3回の練習を続け、ほぼ年に1回の公演をしているそうだ。「高校卒業してすぐ入団する子もいるし、子育てが一段落してから戻ってくる子もいて、年によって入れ替わりはあるけど、一番長い子は高校生の時からだから、もう30年の付き合いです」と酒井さんは笑う。

型破りな校長

 酒井さんの教職の中で、一番長かったのは京葉高校。1989年から2000年までは教員として、2019年から2022年までは校長として勤務した。

 校長を務めた3年間は、台風による断水やコロナ禍でイレギュラーなことばかり。多くの行事を中止にせざるを得なかった。「文化祭も修学旅行もできなくて…でも、ただ『中止』と言うのはあまりにも申し訳ない。それで、とにかく日常の学校生活を大事にし、なるべく一人一人の生徒に声をかけるよう心掛けました。大切な行事を中止にするからには、それがせめてもの罪滅ぼしかと思って」。

 こうしたポリシーがちょっと型破りな酒井校長のスタイルとなった。校内の隅々にまで顔を出し、生徒の日々の一コマをホームページに写真付きで掲載。お昼休みには校内放送でDJまでこなした。「コロナ禍で昼食が黙食になっちゃったでしょ。黙~って食べるなんてつまらないじゃないですか。それで、放送をやらせてってお願いしたんです。発表の場がない吹奏楽部や合唱部の演奏を流したり、自分の時代の曲や、平和への祈りを込めてスマップの『トライアングル』を流したりしました」。どこまでも熱い思いで「生徒の今」に寄り添った校長だ。

定年退職記念コンサート

「38年間、指導っていうより仲間探し、ガキ大将のようにやって自分が楽しんだってことかも」と酒井さん。「生徒会も楽しかったなあ。3年生を送る予餞会の時『体育館の天井から風船を降らせたい』という生徒の案で、体育館の梁にビニールシートを張って風船を2000個仕掛けたんです。でもリハーサルしてみたら静電気で失敗。整髪用の静電気防止スプレーを使えばいいと気づいた生徒がいて問題は解決したんだけど、今度は照明の熱がビニールシートに溜まって火災報知器が鳴り、消防署だの警察だので大騒ぎ。夜中に謝りまくりでした」。酒井さんの心には生徒と共に歩んだ日々の思い出がぎっしりだ。

 そんな38年間の区切りとして、酒井さんは8月13日(土)13時半から市原市民会館で「NeverLand Musical Factory」とのジョイントコンサート(入場無料)を開催する。「思い出のエピソードとオリジナル曲とダンスのひと時…同窓会のノリもよし、新たな出会いを求めてもよし、どうぞみなさまお運びください」と酒井さんは語った。

 

・コンサートの問合せ
mail:info@neverland-mf.com
https://neverland-mf.com

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る