終活のお話~エンディングノート~

 周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライフスタイルを見つめ直します。「人生のエンディングを考える」ことで、老後の不安を解消していく作業ともいえます。中でも特に注目されているのは『エンディングノート』です。重要な情報を整理して分かりやすく家族に伝え、どのようにしてほしいかという希望も示すことができます。
 例えば家族にとって大変な遺品整理も、できるだけ事前に物を減らしておき、処分が必要なものをどのようにするかなど、エンディングノートで明確にしておくと家族の負担が減ります。さらに忘れてならないのは『デジタル終活』。パソコンやスマートフォンなどのアドレス帳登録の個人情報、写真や動画、クレジットカードなどの取引情報など、様々なデータを生前に整理しておきましょう。家族に残したいデータは、集約してその場所をエンディングノートに残し、人には見られたくないデータは自分で処分するか、処理してもらえるように明確にしておくことが大事です。保険や年金、印鑑・通帳、暗証番号やID・パスワードなど、財産の整理や相続、各種手続きに関しても、情報が不足していると家族が家探しすることになるので、これも在りかを明確に記しておきましょう。
 エンディングノートは、自身のこと、交友関係、延命措置や終末期医療、葬儀方法などに関しての希望なども記します。ノートをもとに家族と話すことも良いでしょう。市販もされていますので、ここから『終活』を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る