終活のお話~エンディングノート~

 周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライフスタイルを見つめ直します。「人生のエンディングを考える」ことで、老後の不安を解消していく作業ともいえます。中でも特に注目されているのは『エンディングノート』です。重要な情報を整理して分かりやすく家族に伝え、どのようにしてほしいかという希望も示すことができます。
 例えば家族にとって大変な遺品整理も、できるだけ事前に物を減らしておき、処分が必要なものをどのようにするかなど、エンディングノートで明確にしておくと家族の負担が減ります。さらに忘れてならないのは『デジタル終活』。パソコンやスマートフォンなどのアドレス帳登録の個人情報、写真や動画、クレジットカードなどの取引情報など、様々なデータを生前に整理しておきましょう。家族に残したいデータは、集約してその場所をエンディングノートに残し、人には見られたくないデータは自分で処分するか、処理してもらえるように明確にしておくことが大事です。保険や年金、印鑑・通帳、暗証番号やID・パスワードなど、財産の整理や相続、各種手続きに関しても、情報が不足していると家族が家探しすることになるので、これも在りかを明確に記しておきましょう。
 エンディングノートは、自身のこと、交友関係、延命措置や終末期医療、葬儀方法などに関しての希望なども記します。ノートをもとに家族と話すことも良いでしょう。市販もされていますので、ここから『終活』を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る