終活のお話~エンディングノート~

 周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライフスタイルを見つめ直します。「人生のエンディングを考える」ことで、老後の不安を解消していく作業ともいえます。中でも特に注目されているのは『エンディングノート』です。重要な情報を整理して分かりやすく家族に伝え、どのようにしてほしいかという希望も示すことができます。
 例えば家族にとって大変な遺品整理も、できるだけ事前に物を減らしておき、処分が必要なものをどのようにするかなど、エンディングノートで明確にしておくと家族の負担が減ります。さらに忘れてならないのは『デジタル終活』。パソコンやスマートフォンなどのアドレス帳登録の個人情報、写真や動画、クレジットカードなどの取引情報など、様々なデータを生前に整理しておきましょう。家族に残したいデータは、集約してその場所をエンディングノートに残し、人には見られたくないデータは自分で処分するか、処理してもらえるように明確にしておくことが大事です。保険や年金、印鑑・通帳、暗証番号やID・パスワードなど、財産の整理や相続、各種手続きに関しても、情報が不足していると家族が家探しすることになるので、これも在りかを明確に記しておきましょう。
 エンディングノートは、自身のこと、交友関係、延命措置や終末期医療、葬儀方法などに関しての希望なども記します。ノートをもとに家族と話すことも良いでしょう。市販もされていますので、ここから『終活』を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る