道や線路に人生のイメージを重ねて

(写真↑ 新国立美術館での第一美術協会展に出展した作品)

 市内上高根に住む神山節子さん(70)は、油絵を始めて約20年。第一美術協会に所属し、三和コミュニティセンターの絵画サークル・一彩会と自宅で、主に市原市内の風景を描いている。先月、国分寺台にある市原市民ネットワーク・アートギャラリーで個展を開催した。「絵を始めたのは、何か一つくらい趣味を持とう、と思ったことがきっかけ。仕事の合間、夜にできるものを探して、自宅から近い三和コミュニティセンターに電話をしました。絵は子どもの頃から好きでしたし、自宅でできると選んで。今になると、年齢など関係なくできるので良かったと思います」
 続けてこられたのは、一彩会の和やかでファミリー的な雰囲気のおかげと言う。「講師の高橋光夫先生に出会えたことが大きかったですね。高橋先生は第一美術協会評議員で日本美術家連盟会員。昨年には藍綬褒章も受賞しています。私の入会時のメンバーは5~6名で、今でも続けているのは私だけになってしまいましたが、雰囲気は変わらずアットホーム。ヘタでも長く続ければ何か表現できるようになりますから、楽しく描いてきたのが良かったのだと思います」と神山さん。
 自宅には、これまでの大小様々な作品が飾られ、置かれている。そのモチーフは道とコスモス。特に道は多く、「漠然と道=人生と重ねているのかもしれません」と話す。「曲がっている道をよく描きます。行き先がある、という意味も投影しているのだと思います。光の入れ方も大事で、道の先を明るく表現するのが好きですね。これも未来が明るい、というイメージです」。描く風景は外に出かけて探す。ほとんどがすぐ行ける市内だが、いくらでも絵になる場所があるのだと言う。「風景を見たときにいいな!と思うと、それを描いた絵も良いものになります。想像力である意味手を加えて、よりいい風景に再構成する感じです。邪魔な電線を描かなかったり、山の色合いを増やしたり明るくしたり。同じモチーフを描くことによって、様々な表現も学べます」
 現在は、6月下旬から五井で開催される総美展用に、小湊線上総大久保駅の近く、線路の風景を20号の作品として描いている。立体的にカーブした線路、背景の山の配置がとても良くて、モチーフにしたそうだ。その次は夏の県立美術館で行われる第一美術協会の展示会。こちらも小湊線の線路のある月崎の風景で仕上げたいとのこと。「私にとって、絵を描くのは、精神的エネルギーの補充です。次は何を描こうかと考えるのも、風景を探しにいくのも楽しいので、無理せず続けたいと思っています」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る