道や線路に人生のイメージを重ねて

(写真↑ 新国立美術館での第一美術協会展に出展した作品)

 市内上高根に住む神山節子さん(70)は、油絵を始めて約20年。第一美術協会に所属し、三和コミュニティセンターの絵画サークル・一彩会と自宅で、主に市原市内の風景を描いている。先月、国分寺台にある市原市民ネットワーク・アートギャラリーで個展を開催した。「絵を始めたのは、何か一つくらい趣味を持とう、と思ったことがきっかけ。仕事の合間、夜にできるものを探して、自宅から近い三和コミュニティセンターに電話をしました。絵は子どもの頃から好きでしたし、自宅でできると選んで。今になると、年齢など関係なくできるので良かったと思います」
 続けてこられたのは、一彩会の和やかでファミリー的な雰囲気のおかげと言う。「講師の高橋光夫先生に出会えたことが大きかったですね。高橋先生は第一美術協会評議員で日本美術家連盟会員。昨年には藍綬褒章も受賞しています。私の入会時のメンバーは5~6名で、今でも続けているのは私だけになってしまいましたが、雰囲気は変わらずアットホーム。ヘタでも長く続ければ何か表現できるようになりますから、楽しく描いてきたのが良かったのだと思います」と神山さん。
 自宅には、これまでの大小様々な作品が飾られ、置かれている。そのモチーフは道とコスモス。特に道は多く、「漠然と道=人生と重ねているのかもしれません」と話す。「曲がっている道をよく描きます。行き先がある、という意味も投影しているのだと思います。光の入れ方も大事で、道の先を明るく表現するのが好きですね。これも未来が明るい、というイメージです」。描く風景は外に出かけて探す。ほとんどがすぐ行ける市内だが、いくらでも絵になる場所があるのだと言う。「風景を見たときにいいな!と思うと、それを描いた絵も良いものになります。想像力である意味手を加えて、よりいい風景に再構成する感じです。邪魔な電線を描かなかったり、山の色合いを増やしたり明るくしたり。同じモチーフを描くことによって、様々な表現も学べます」
 現在は、6月下旬から五井で開催される総美展用に、小湊線上総大久保駅の近く、線路の風景を20号の作品として描いている。立体的にカーブした線路、背景の山の配置がとても良くて、モチーフにしたそうだ。その次は夏の県立美術館で行われる第一美術協会の展示会。こちらも小湊線の線路のある月崎の風景で仕上げたいとのこと。「私にとって、絵を描くのは、精神的エネルギーの補充です。次は何を描こうかと考えるのも、風景を探しにいくのも楽しいので、無理せず続けたいと思っています」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る