秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元にも視線を落とすようになりました。歩調もなるべく犬に合わせてゆっくりになったので、普段何気なく通り過ぎるような場所で気づかなかった事も、自然と視界の中に飛び込んでくるようになりました。

 秋の地面の上は自然のいろいろな宝物のオンパレード。厳しい夏を乗り越えてきた自らへのご褒美のように、辺り一面に広がって落ちています。薔薇の花びらのような形をした松ぼっくりや夕日の様に紅い色をした落ち葉、白波のような模様をした木々の枝など、どれひとつとして同じものがなく個性的でユニークな色や形をしています。それらをじっと見つめながら考えていると、次第に工作のアイデアが湧き上がってきます。木の実を使ったリース、草花を軒下に干したドライフラワー、落ち枝の曲がり具合を利用した玄関のドアの飾り付け…と色々な想像をします。

 お金など払わなくても想像力次第で素敵なものは作れます。むしろお金を使わない方が独創性は無限に広がり、世界中に一つだけの物を作る事ができるような気がします。一見女性の趣味のようなものでも、気にする事はありません。森の中では性別も年齢も関係なく、全ての人々の心を育んでくれるのですから。

 そのような訳で、今回は拾った松ぼっくりと庭に咲いている草花を利用してリースやドライフラワーを作ってみました。ドライにすると草花のまた違った一面が見え、色が完全に消えてしまうものもあれば、生花の時の彩りがそのまま残るものもあります。野に咲くススキなどと合わせてみるのも悪くないかも知れません。あまり上手な出来栄えではありませんが、それでも十分に楽しみながら作る事ができました。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る