百年前の出張料理人『バンコさん』のつくる料理~ 睦沢町立歴史民俗資料館~【睦沢町】

【写真】材料一覧:左から3列目に『はいな3個』とある

 

 4月29日、睦沢町立歴史民俗資料館教育普及事業、第26回民俗学講座『バンコの習俗』が開催された。『バンコ』とは、冠婚葬祭が自宅で行われていた時代に、宴席でもてなす料理の采配を振るった出張料理人のことだ(地域により呼び名は異なる)。講師は、同館学芸員の山口文さん。「バンコは祝言・葬儀・子どもの節句などの人生儀礼に際して工夫を凝らし料理を作りました。睦沢町佐貫地区を中心に活躍したバンコ『髙橋伊三郎』が記した『バンコ帳』をもとに、当時の食について考えたいと思います」

髙橋伊三郎肖像

 髙橋伊三郎は明治15年(1882年)に生まれ、昭和6年(1931年)に49才で亡くなった。大正2年に睦沢町長楽寺地区に水茶屋を開き、仕出しも行った。「人当たりがよく、店も流行ったのではないか」という親族の話も伝わっている。

「バンコ帳を読み解くために、わからない単語を調べるところから始めました」と、山口さん。「『はいな』はパイナップル、『をれんじ』はみかんではなくネーブルオレンジだということがわかりました。季節に関わらず利用できる缶詰のタケノコなどもあり、新しく高級な食材が取り入れられています。参列者にもさぞ目新しかっただろうと思います」。バンコ帳の献立や食材の一覧、伊三郎の肖像や伊三郎が使っていた出刃包丁の写真など、様々な資料を交えて講義がすすめられる。「伊三郎の料理で特徴的なものは鯉の活け造りです。鯉の身に醤油をかけるとバチバチと生きているようにはじけて、食べる人の目を楽しませました。大根やリンゴの飾り切りもあり、伊三郎は食材の特長を熟知していたと感じます」

講義中の山口さん

 他にも、祝言の献立の始めに『座着 汁粉』とあるのは、『おっつきもち』といい、「緊張している花嫁に甘いものを食べて落ち着いてほしい」という気持ちと、「嫁いだ家にしっかりと落ち着いてほしい」という願いが込められたものだということ。『祝酒』では、一同の結びつきを強くするため、日本酒を回し飲みしたということなど。先人たちが人生の節目に食に込めた思いが感じられるような話に、参加者はうなずきながら耳を傾けた。

 聴講した80代男性は、「子どもの頃、親戚の祝言で長柄町のバンコさんの料理を食べたことがあります。どれもこれもおいしかった」と、なつかしそうに目を細めた。山口さんは、「バンコが作る料理は、普段食べることが出来ない特別なものでした。そこには祖先たちが喜びや悲しみの日に味わった感情の記録が刻まれています」と講座を締めくくった。      

 

 

問合せ:睦沢町立歴史民俗資料館

Tel.0475・44・0290

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る