パリの街を描く~大森良三展 開催~【大網白里市】

【写真】「クリニャンクールの蚤の市」10号・油彩画

 

 大網白里市在住の画家・大森良三さんの展示会が、1/11(木)~16(火)、ギヤラリー大里(大網白里市みやこ野・大里綜合管理㈱内)で開催される。ギャラリーに常設されている大作100号の作品をはじめ、大小の油彩画とスケッチ、約40点が展示される予定だ。

 大森さんは岩手県久慈市出身。高校を卒業してから絵を学び、30代前半にサラリーマンを辞め、画家の道に入った。師事していたフォービズム(野獣派)の巨匠、故里見勝蔵さんの勧めで、毎年数カ月パリに滞在して絵を描くようになり、異国情緒溢れる町並みや店先の風情、そこで思い思いに過ごす人々を描いている。内閣総理大臣賞、国際芸術文化賞、ル・サロン(仏)の入選など国内外を問わない受賞歴をもち、2007年および2017年にはパリの市庁舎などで企画展も開催。故郷の久慈市では、文化功労者に選出されている。

 今回の展示会はコロナ禍以来、4年ぶりに訪れた春のパリで描いたスケッチに、油彩画の新作が多数。「閉塞感を乗り越え、新たに元気を取り戻した人々の明るさと逞しさを表現しようと思いました」と話す大森さん。ぜひご覧ください。

 

●大森良三展 1/11(木)~16(火)

10~17時、最終日16時

ギヤラリー大里(大網白里市みやこ野2の3の1・大里綜合管理㈱内)

入場無料

Tel.080・3401・7778

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る