自分のスキルを活かし、人との関係をステキに編んでいきたい

がま口作家・作り方講師 星野美和子さん

 がま口というと、昔ながらの、おばあちゃんのお財布を思い浮かべる方が多いのでは。でも、ここ数年、がま口は財布としてだけでなく、ポーチやケース、バッグやリュックなどサイズや形も様々なものが登場している。もちろん、お馴染みの丸くてコロンとした小銭入れもあるが、そもそもが、がま口とは口金のついた袋物の総称といわれ、意外にもヨーロッパ生まれで、貴婦人が舞踏会の時に携えたバッグだったとか。 
 「口が大きく開くので物が出し入れしやすい。中も見やすい。片手で開け閉めできる手軽さと収納力がある」と、若い世代からシニアまでと幅広い年齢層の女性の間でブームになっており、化粧ポーチや裁縫道具入れにしたり、ペンケースやキーケース、印鑑ケースやスマホケース、メガネケース、カード入れ等々にと、アイディア次第で色々な使い方ができるのも人気の理由。
 がま口作家であり、「作り方講師」でもある市原市在住の星野美和子さん(57)は教職に就いていたが、52歳で退職。管理職へとの声もあったが、「辞める前年に東日本大震災が発生し、当時、自宅は市内の別の場所にありましたが、もらい火で自宅が全焼。その時に色々とお世話になったり助けられたこともあって、震災後、8度に渡り被災地へボランティア活動に行きました。そして、いつ何が起こるか分からない。自分のやってみたいことに挑戦してみたいと思いました。親の介護も考えなくてはならない年だし、かといって親の介護で退職というのはイヤでした。だから、教えてきた生徒が卒業する年に教師生活にピリオドを打とうと決めたのです」と語る。
 3年前に日本で初めて、がま口の作り方の通信講座を開講した。何の世界でもそうだが、作家としての資質と教える能力とは別物。でも、星野さんは「私は29年間、教職に就いていたので、教えることにかけては専門家だし、小学生低学年の子どもを教えることが多かったので、難しい言葉を並べて話したりしない。わかりやすく教えることに自信があります。私が本格的にがま口制作に打ち込んでいた頃、本を見ても作れない人が多く、専門の教室もほとんどなかったので、最初は対面の教室を都心部と自宅に、そして教室に通うことができない人のために通信教育を始めました」とのこと。
 始めてみたところ、やはり通信教育の受講生の方が多かった。『全日本趣味起業養成講座』及び、同『コンサルタント養成講座』を受講、修了し認定コンサルタントとして活動する星野さんは教えるだけにとどまらず、趣味で起業したいと願う人のサポートやハンドメイド作家の意識改革を促したいと考えている。
 「まず、趣味起業養成講座を受講して良かったと思えたのは、同じように趣味や特技で起業している大勢の仲間と出会えたこと。同時に、自分の良さや特技に気づかされ自信が持てるようになったこと。自分の思うビジネススタイルで飛躍的な効果を上げられたことですね。在職中からハンドメイドに関心が高かった私は、単なる趣味程度から講師の資格取得までと、たくさんのジャンルの手芸の経験を積んできました」。篆刻、クイリング、カリグラフィー、ビーズアクセサリー、パッチワーク上級、魔法の1本針インストラクター、手編み講師…これら習得した技術が活かされるのも、がま口制作の魅力だと話す。
 星野さんのブランド名、AmuAmuについて、「編むという言葉は、自分の生き方に欠かすことのできない言葉。人と人との関係も編むとか紡ぐなのだと思っている。今までやってきた趣味の手作りは、編むが中心だった。私は、がま口を作りながら、自分のスキルを織り込み編み込み活かしたい。そして、がま口を作ることで人との関係をステキに編んでいきたい。この編むを2つ重ねてAmuAmuとしました」と語る。常にステップアップを目指す星野さんの活躍に期待したい。

問合せ 星野さんブログ
http://ameblo.jp/kuma35656/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  2.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  3.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  4.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  5.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  6.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  7.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…
  8.  現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村…
  9.  平成29年に県指定文化財として登録された椎津城跡は、足利氏・武田氏・里見氏・北条氏らが争奪をくり返した中世の城郭で、房総の戦国史におい…
  10.  アジアを代表する美の祭典『ミセスアジア』への第一歩となる『ミセスジャパン』の地区予選大会が、5月19日、東金市の最福寺において開催され…

ピックアップ記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る