ぷにゅぷにゅ踏んでうどん作り

 7月13日、茂原総合市民センターにて『しっかり踏んで美味しく楽しいうどん作り』教室が開かれた。主催は茂原市レクリエーション協会(会長山口律さん)。「料理が好き」と話す同会会員の湊幸子さんとスタッフ5人が参加者大人16人と子ども13人を指導した。
 5、6人分の材料は中力粉(または強力粉と薄力粉同量を混ぜたもの)600グラム、食塩大さじ2杯と溶き卵2個を混ぜた水270ミリリットル。ボールに入れた粉に右記の水を少しずつ加え、ベタベタした状態からモチ肌状にまとまるまで片手で混ぜる。水は硬さにより加減し、余ってもよい。2つに分けた生地をそれぞれビニール袋中央に入れはみださないように足で踏む。湊さんによると「子どもが踏んだほうがなぜかおいしい」とのこと。素足で足踏みした女の子は「ぷにゅぷにゅしている」と笑顔。途中で生地を5、6回手で折り畳み、耳たぶぐらいの固さになったら丸く形成し、30分ほどねかせた。
 次は調理台上に打ち粉を振り麺棒で3ミリの厚さに伸ばしたあと、屏風たたみに折り3ミリ幅に切り、ゆでるという作業。ところがお湯を沸かしていなかったり、切った麺が固まりになったりとアクシデント続出。スタッフが忙しく飛び回り手助けし、なんとかうどんをゆで上げた。同時に用意した鶏のささ身、焼き油揚げ、ネギ、すり胡麻などを添え、参加者たちは冷たいうどんを好みでかけ麺やつけ麺にし、ツルツルとおいしそうにすすった。打ち粉した生麺は冷凍できる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る