ぷにゅぷにゅ踏んでうどん作り

 7月13日、茂原総合市民センターにて『しっかり踏んで美味しく楽しいうどん作り』教室が開かれた。主催は茂原市レクリエーション協会(会長山口律さん)。「料理が好き」と話す同会会員の湊幸子さんとスタッフ5人が参加者大人16人と子ども13人を指導した。
 5、6人分の材料は中力粉(または強力粉と薄力粉同量を混ぜたもの)600グラム、食塩大さじ2杯と溶き卵2個を混ぜた水270ミリリットル。ボールに入れた粉に右記の水を少しずつ加え、ベタベタした状態からモチ肌状にまとまるまで片手で混ぜる。水は硬さにより加減し、余ってもよい。2つに分けた生地をそれぞれビニール袋中央に入れはみださないように足で踏む。湊さんによると「子どもが踏んだほうがなぜかおいしい」とのこと。素足で足踏みした女の子は「ぷにゅぷにゅしている」と笑顔。途中で生地を5、6回手で折り畳み、耳たぶぐらいの固さになったら丸く形成し、30分ほどねかせた。
 次は調理台上に打ち粉を振り麺棒で3ミリの厚さに伸ばしたあと、屏風たたみに折り3ミリ幅に切り、ゆでるという作業。ところがお湯を沸かしていなかったり、切った麺が固まりになったりとアクシデント続出。スタッフが忙しく飛び回り手助けし、なんとかうどんをゆで上げた。同時に用意した鶏のささ身、焼き油揚げ、ネギ、すり胡麻などを添え、参加者たちは冷たいうどんを好みでかけ麺やつけ麺にし、ツルツルとおいしそうにすすった。打ち粉した生麺は冷凍できる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る