ぷにゅぷにゅ踏んでうどん作り

 7月13日、茂原総合市民センターにて『しっかり踏んで美味しく楽しいうどん作り』教室が開かれた。主催は茂原市レクリエーション協会(会長山口律さん)。「料理が好き」と話す同会会員の湊幸子さんとスタッフ5人が参加者大人16人と子ども13人を指導した。
 5、6人分の材料は中力粉(または強力粉と薄力粉同量を混ぜたもの)600グラム、食塩大さじ2杯と溶き卵2個を混ぜた水270ミリリットル。ボールに入れた粉に右記の水を少しずつ加え、ベタベタした状態からモチ肌状にまとまるまで片手で混ぜる。水は硬さにより加減し、余ってもよい。2つに分けた生地をそれぞれビニール袋中央に入れはみださないように足で踏む。湊さんによると「子どもが踏んだほうがなぜかおいしい」とのこと。素足で足踏みした女の子は「ぷにゅぷにゅしている」と笑顔。途中で生地を5、6回手で折り畳み、耳たぶぐらいの固さになったら丸く形成し、30分ほどねかせた。
 次は調理台上に打ち粉を振り麺棒で3ミリの厚さに伸ばしたあと、屏風たたみに折り3ミリ幅に切り、ゆでるという作業。ところがお湯を沸かしていなかったり、切った麺が固まりになったりとアクシデント続出。スタッフが忙しく飛び回り手助けし、なんとかうどんをゆで上げた。同時に用意した鶏のささ身、焼き油揚げ、ネギ、すり胡麻などを添え、参加者たちは冷たいうどんを好みでかけ麺やつけ麺にし、ツルツルとおいしそうにすすった。打ち粉した生麺は冷凍できる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る