宝物は3台のスクーターとオカメインコのピコちゃん

宝物は3台のスクーターとオカメインコのピコちゃん

8年前、埼玉県から勝浦市に移住してきた杉本はるみさん(51)。「海が大好きなのに海なし県に住んでいたので、とにかく海を身近に感じる所で暮らしたかった。イラストレーターの仕事をしているので、どんな場所でもやっていけると考え、勝浦に家を購入しました」と、笑顔で話す。
未だ、彼女にとって房総の海は魅力的で「海を見ては、あぁ、ここに引っ越してきてよかったと思うんですよ。埼玉にいる頃は、海はお金と時間をかけて来る場所だった。それが今は自分のテリトリーの中に海がある」と言い、特にお気に入りの場所は興津海岸。「都会のカフェで飲むどんなコーヒーよりも、興津の海を眺めながら飲むコーヒーは缶だって美味しい!」。昼は庭で土いじりをしたり、夜は仕事をして、「最高に星がキレイに見える。流星群もしっかり、いっぱい見ました」と、時に星空を眺める、勝浦の豊かな自然を満喫する日々。
そんな杉本さん、なんと50ccスクーター3台を所有している。「大好きな海の色」マリンブルーに塗り替えたり「勝浦カラー」のスクーター。車を持たない彼女の大切な足だ。「自転車以上、車未満の風を感じて走る楽しい乗り物。なくてはならない宝物、1日300キロ以上走ったこともあるんですよ」と愛しそうに3台を見つめる。
また、海に加え杉本さんが魅了されているのは里山の緑。以前、住んでいた場所は落葉樹が多く、冬でも緑が見られる山に和むそう。「本当に、毎日やりたいこと、行きたい所がたくさんあって、アッという間に1日が、1年が過ぎていく。こちらで暮らして数年は、房総を楽しむ側でした。でも、今は多くの人に勝浦を房総を楽しんでもらいたいと思うようになりました。勝浦の自然の豊かさなどについて、私が感じたことをまとめた小さな絵本を自費出版してみたい!」
いきいきと語る杉本さん。新聞や学習雑誌の仕事をしていたこともあるが、最近は勝浦市市野川の生産者や勝浦市、地域おこし協力隊の皆さんとの協同開発商品『イチノ米』のパッケージデザインの仕事に携わった。とことん明るく人懐こい彼女は、勝浦市に来て図書館や公民館でのアルバイトをしたこともあり、「新しい知り合いや友人も増えました。これからも楽しく情報交換したり、コミュニケーションをとっていきたい!」地元に溶け込もうと心がけている。
杉本さんと共に暮らすオカメインコのピコちゃん(2歳)も、彼女の宝物。ちなみに、その前に暮らしていたオカメインコは33年生きた「ギネス級」だとか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る