会ってみたいな、自分が生み出す不思議ないきもの

 千葉県立中央博物館分館の海の博物館で、昨年11月と12月にかけて4回開催されたのはワークショップ『新聞紙で海の不思議ないきものを作ろう』。最終的に訪れたのは全17名(大人11、子ども6)。並行して開催された『海のアート展』で作品を制作した作家の木暮奈津子さんが講師を務め、「とにかく楽しんでもらえたら。最初は難しいですが、慣れるととても楽しく制作できます」と話した。
 「イソギンチャクの間に魚を入れたい」、「家でスケッチしてきました」と意気込む参加者たちは、まず頭の中で作品をイメージ。紙に生き物の姿を描くと、木暮さんが順次チェックしていく。どんな風にするかアドバイスをもらい、いざ新聞紙を丸めて大まかな形を成形。さらに新聞紙を細かく千切り、糊で細かい部分を修正していく。そして、新聞の字が写らないようにする液体『ジェッソ』を全体に塗り、ドライヤーで乾かす。最後に好きな色を塗り、目や口を貼りつけて完成だ。
 「皺も作品の味になりますが絵具が塗りにくいかもしれませんね」の声に、参加者たちは頷きながら夢中で手を動かしていく。勝浦市内から友達と参加した小2の女児は、「楽しかったです。またやりたい!」と満足そう。細かい部分に熱が入ってしまうのは、やはり大人たち。「部屋に飾るだけでなく、外の色んな場所において写真を撮ると面白いよ」と同館の職員も続けた。水色、ピンク、赤、緑。想像を超える生き物たちが、冬の博物館を笑顔で温めていた。

問合せ 海の博物館
TEL 0470・76・1133

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  2.  茂原市にある『ほのおか館(旧本納公民館)』で活動する本納陶芸クラブ。成形や絵付け・釉掛けの講師を担当する山本さんが設立し、約30年になる。…
  3.  仕事が休みの日の午前中は、太陽が昇るか昇らないかくらいの薄暗い、まだ肌寒い時間から庭作りを始めます。前日から明日はあれをやろう、これもやっ…
  4.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  5.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  6.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  8. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る