これからの老後を、あなたは誰とどう過ごす?

 1月27日(土)、茂原市役所市民室で開催された『第9回茂原市ハートフルフェスタ』。茂原市男女共同参画大会の今年の講師に招かれたのは坂下晴美さん。昭和40年より茂原市役所の税務課、福祉事務所に勤務し、その後、養護老人ホーム長生共楽園で生活指導員や副施設長を務めた。茂原市では3人に1人が65歳以上という現状。坂下さんは『老いの旅路~今、あなたの前になにが見えますか?~』をテーマに、長年の仕事で培った経験を基にして、老後をいかに楽しく豊かに暮らすためには、どのような心でいるべきかを説いた。
 「超高齢社会が抱える問題は数多あります。退職や自治会の脱退、親戚づきあいの希薄によって縁遠くなります。そして肉体が衰え、認知症を患う方も多い。加えて金銭面での不安もあり、環境によっては性格もきつく変化するかもしれません」と坂本さんが話し始めると、会場に集まった約120人の参加者は真剣に耳を傾ける。
 各種の詐欺事件は年々手口が巧妙化し、老々介護のストレスによる自殺や他殺、虐待は後を絶たない。いざ自分の身に降りかかるまで他人事だと思っているのに、当事者になるとどう対処すべきか全く見当もつかないものだ。「介護問題による事件は多すぎて表に出てこないだけで、数え切れないほど起きています。かつては老人ホームに入るなんて、と世間の目もありました。でも、もし家族でカバーできなくなったら将来的に入居できる施設を見つけて、まずはデイサービスやショートステイから考えてみては」と、坂本さんは説明する。
 だが、まずは楽しく老後をすごせればなにより。そのために必要なことは何か。一日三度の食事は基本で、しっかり栄養をとること。寝巻のまま日中過ごさないこと。一度使用した汚れものは勿体ないからと思わずに捨てること。そうして生活の身なりを整えるだけで気持ちが前向きになり、一歩外へ出る元気が湧く。そして、一番大切なのが会話をすることだ。
 坂本さんが、「寂しくて振り込め犯と長電話という川柳があります」と言うと、会場に笑いが起こる。だが、それは今話せる相手が当たり前に存在しているから笑えるのだろう。「みなさん、最近誰かを褒めましたか?褒めることは、お金を使わずに相手を喜ばせ、心を穏やかにします。褒められたら、次はどうしようかと発展もします。笑顔を作るためにも、これから何かしら相手の褒める場所を探してください」と訴えた。 約1時間半の講演では、坂本さんの見た介護の世界がいくつも語られた。人は生まれた以上、必ず死へ向かう。綺麗事では終われない。だが、やはり人は支え合えるのだと感じる実際のエピソードに、参加者達が涙する場面も見られた。   

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る