体操と瞑想で、良好な「気」を体内に

 7月13日、ちはら台コミュニティセンターで主催講座『スポーツクラブちはら チベット体操』が行われ、19名が参加した。講師はチベット体操インストラクターの有里節子さん。
 チベット体操とは、チベット仏教のラマ僧たちが瞑想に入る前の修行として行っていたものを一般人が実践しやすいようにアレンジしたもの。ホルモンバランスを整える効果があり「若返りの体操」とも呼ばれている。
 頭頂部から背骨に沿って存在する7つのポイント、チャクラ。宇宙からの気のエネルギーを取り入れることができると考えられている。へその下にある丹田が第2チャクラ、眉間の少し上が第6チャクラだ。目には見えないが、エネルギーはチャクラの周りでらせんのように渦を巻いており、右回りの良好な気を取り入れ、悪い気を左回りで排出するイメージだ。気がリズムよく回っているときは体調がいいとき、回りが滞っているときが不調と感じるときで、チベット体操を行うことにより気がスムーズに全身に流れるようになる。
 講座の始めは耳ツボマッサージから。耳にはたくさんツボがあるが、中でも耳の上部の窪みの外淵にある神門は自律神経を整えるツボ。耳の後ろ側を親指、前を人差し指で挟み、前側にずらすようにして揉む。体の中心軸を強化するので、立っているときに横から押されても体が揺るがないようになる。肩こりや頭痛も改善されるという。「数分でできるのでお風呂でやってみて」と有里さん。
 チベット体操は第1の儀式から第6の儀式まで、6種類の体操を全て同じ回数ずつ、腹式呼吸を意識しながら行うのがポイント。立ち姿勢で両手を水平に上げ、右に回転する簡単な動作もあれば、仰向けに寝転んだ状態から腰を持ち上げ、両手両足で体を支えてテーブルの形を作るという、運動不足の人にはかなりきつめのものもある。儀式の合間にはシャバーサナという屍のポーズで筋肉を緩めて全身をリラックスさせ、筋肉の回復を待って次の儀式へと移る。
 いよいよ瞑想へ。背筋を伸ばして楽な姿勢で座り目を閉じる。宇宙からのエネルギーと大地からのエネルギーが1つの光る玉となり、全身から足先まで流れていくイメージを描く。そして健康であることに感謝しながら、今度はエネルギーが外に放射していく様子をイメージする。瞑想とは、思考をストップさせ、五感だけに集中し、今を生きるということ。過去や未来のことを考えていると気のエネルギーが入ってくるのを防いでしまうという。 
「肩のまわりが楽になった。気持ち良かったです」と参加者。講座終了後も、瞑想やツボについて熱心に質問する姿が見られた。
「家でも思い出してやってみて。続けていると、運も上向きになってきますよ」と有里さんは朗らかに笑った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る