自然と遊ぶ夏

 市内宿にある谷津田で8月9日、『なのはな 自然わくわく隊 メダカすくいとザリガニ釣り』が5歳以上の児童と保護者を対象に行われ、25名が参加した。主催は南部保健福祉センター児童館。
 集合場所の内田未来楽校で講師、『市原米沢の森を考える会』代表の鶴岡清次さんは「自然を守れば自然に守られる。今日は自然と触れ合い、自分が主体となって楽しんで」と話した。また、同会のメンバー数名が釣りの準備や手伝いに当たった。
 里山に囲まれた、のどかな休耕田。暑い日が続いていたため、水量が少なく茶色に濁っていたが、網を入れるとメダカが面白いように次々とすくえる。メダカに混じってドジョウや小さなザリガニも。目が輝き出す子どもたち。竿の先にイカをぶら下げてのザリガニ釣りも大盛況。「よっしゃー、釣れた!」誇らしげにガッツポーズをする子もいれば、「こわい~っ」と釣ったザリガニを横目でにらむ子も。「生き物が苦手で。自分で捕まえるのは初体験です」と母親は苦笑い。 子どもたちは、持参した水槽にあふれんばかりのメダカやザリガニを入れ、笑顔で帰途についた。生き物が好きな子もそうでない子も、自然いっぱいの里地の夏を楽しめたのでは。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る