それぞれできることを精一杯に オープンな雰囲気で、楽しく吹奏楽を  緑区吹奏楽団【千葉市】

 千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定期演奏会を開催する。毎週土曜夜の練習も、コンサートの開催も、感染予防対策をしながらの取り組みになっているという。

人の縁で順調なスタートに

以前行われた演奏会

 緑区吹奏楽団は、東日本大震災直後の2011年4月に創団した。メンバーは17名ほど。一緒に演奏する機会が減っていたメンバーたちが、改めて集まることにしたのがきっかけだった。しかし、そのタイミングで起こった震災。練習場所も確保できる状況ではなかったが、団長の伊藤喜和さんは、「沈んだ気持ちを払拭する、皆で音楽を楽しめる場所が欲しいという思いでした。椎名やおゆみ野の各公民館で、できる時だけでもいいからとスタートしたんです」と話す。
 設立した翌5月には、団員の高校時代の恩師である穴山和義さんに指揮を依頼。話を聞いてもらうだけのはずが、いきなり練習見学も行われたそうだ。「穴山先生は赴任した県内の各高校の吹奏楽部を指導、県で金賞、関東大会・東関東大会出場などに導いた実績ある先生です。同好会等で指揮していただける方ではないのですが、思い切ってお願いしてみました。やはり最初の見学では、あまりのヘタさに絶句されてましたね」と、広報委員長の高田帆乃江さんは笑顔で当時を振り返る。対して穴山さんは「いやいや、あれは一目惚れだったんだよ」と言う。
 穴山さんは山武市在住。音楽大学ではクラリネットを専攻し、38年間、音楽教員として県立高校の吹奏楽部を指導してきた。「学校の部活動とは違って、一般吹奏楽団はメンバーの年齢も経歴も様々ななかで音楽を楽しむ集まりです。一般吹奏楽団の演奏会は何度も鑑賞に行きましたが、その練習を見たのは初めて。とても新鮮で、こういうのもいいな!と思いました」。穴山さんはすぐにも音楽監督と常任指揮者を引き受けるが、これが縁となり、かつての教え子が穴山さんを慕って入団するなど、2カ月ほどで団員は倍以上に増えたという。団長の伊藤さんは「まさか初年度の活動で、コンクール出場可能な人数が確保できるとは思ってもいませんでした。さすがに、その年の出場は申込みませんでしたが、驚くほど順調なスタートになりましたね」と話す。

出席率も高く、和やかに熱心に練習

演奏会では毎回、楽しい演出も考える

 現在、メンバーは10~60代の58名。毎年メンバーの入替りはあるが、現役高校生や専門学校生もいて、卒業後も続けたり、この練習に参加できる条件の就職先を探したりと、多くの人が長く在籍する傾向があるという。「家庭の事情で離団し、その後再入団という人もいます。演奏に対する向上心は忘れず、自分たちができることを精一杯やって皆で楽しむ、というコンセプトなので、オープンな雰囲気なんです。コンクール出場も、自分たちのレベルを確認するためですし、それぞれ楽しめているのだと思います」と伊藤さん。穴山さんも「仕事が忙しくて、ようやく土曜の練習だけ来られた、という人もいます。皆が毎日練習できるわけもなく、団員の演奏経験もそれぞれまったく違うので、この演奏でダメ!ということもないんです。私も皆さんの音を聴きながら、常に手探りで進めてまとめていく、みたいな感じですね」とのこと。
 今年の活動は感染拡大防止のため、3・4月はリモートで合奏、6月からは出席できる人のみで練習、という形を取った。取材した11月は、今年初の演奏会・クリスマスアンサンブルの練習と、定演の練習を組合せ、アンサンブルメンバーが入れ替わりながら定演を全体練習で、となっていた。穴山さんは「カウントをしっかり、テンポが遅れないように」「人数が少ない楽器はできるだけ大きな音で」「盛り上がりでは互いの音を聞きながら合わせてください」とメンバーの音がバランス良く響くよう、丁寧に指導。団員たちも和やかながら一つ一つ真剣に演奏し、公民館の講堂いっぱいに迫力ある音が溢れていた。
「他の地域ではまだ活動休止も多いので、演奏会に向かって皆で練習できることはとてもありがたいです。普段から団員は、お盆もクリスマスも関係なく、こんなに出席率が良くて大丈夫?というくらい熱心。私たちも楽しんでいますので、ぜひ皆さんにも楽しいひとときを提供できたらと思います」と高田さん。メンバーも随時募集中。練習は毎週土曜17時半~21時、おゆみ野公民館、見学自由。楽器パートなど詳しくはホームページで。
mail:info@midosui.com
http://www.midosui.com

●クリスマスアンサンブルコンサート
12/6(日)14時開演 おゆみ野公民館 入場無料
●第9回定期演奏会
2021年2/14(日) 13時半開演 千葉市民会館 入場無料
曲目:ミュージカル「レ・ミゼラブル」より、ヴィヴァ・ムシカ!、銀河鉄道999、モリコーネ・メドレー、塔の上のラプンツェルメドレー 他

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. ☆佐藤春治さん(2回目) ☆篠田昌弘さん(1回目)  市町村別のゴルフ場の数で日本一を誇る市原市。市内全32カ所33コースを巡るスタンプラ…
  2. 『NPO法人 竹もりの里』は、里山保全の観点から放置竹林問題に取り組んできた。今年9月には長南町の旧長南幼稚園跡地に『竹の駅ちょうなん』を開…
  3. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  4.  毎年この時期「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の澄んだ良く通る声を聞くことがある。もうすぐ冬がやって来ると感じさせてくれる冬鳥のジョウビタキの声だ。スズ…
  5.  市原市ちはら台には、およそ180基の古墳があり、その中の牧園自然公園の一角には、前方後円墳の33号墳がある。全長42m、墳丘はテラス状の段…
  6.  今年の夏、東京2020大会が開催されました。実際に観戦することはできませんでしたが、テレビの前で、選手たちに熱い声援を送った人も多かったこ…
  7.  関東で最も遅く11月下旬から12月にかけて見頃が訪れる紅葉の名所、養老渓谷。関東近県などから訪れる人に好評なのが、里山トロッコが走り、最寄…
  8.  9〜10月、大スズメバチが何匹もの仲間と共に、ミツバチの巣箱を襲いにやってきます。毎日次から次へと飛来し、巣箱の周りを飛び交いながらミツバ…
  9.  11月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉県立中央博物館では特別展『バラのすべて』が開催されている。館内のメイン会場ではバラの植物学や…
  10.  都内六本木の国立新美術館にて、11月21日(日)まで『第8回日展(日本美術展覧会)』が開催されている。日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5…

ピックアップ記事

  1. ☆佐藤春治さん(2回目) ☆篠田昌弘さん(1回目)  市町村別のゴルフ場の数で日本一を誇る市原市。市内全32カ所33コースを巡るスタンプラ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る