子どもたちの喜ぶ顔が見たくて

子どもたちの喜ぶ顔が見たくて

 勝浦市在住の竹細工・工芸作家、福山格史さんの工房には様々な材料や工具が所狭しと積み上がっている。「ものを作るのが大好きでね。種々の素材から形あるひとつの作品が出来上がっていくのが楽しい。集中すると、1日中ここに籠っています」と元大工の福山さん。
 幼少の頃から、地元の日枝神社で毎年夏に行われている祭の囃子を耳にしてきた。囃子で使う自分の竹笛は自分で作る慣しだった。虫の置き物や人形、細い竹軸の頂点でバランスをとりながら揺れるゆらりとんぼなどの竹細工を本格的に手がけるようになったのは20数年前のこと。現在はガラス棒を熱で溶かして作るとんぼ玉、凧、ペットボトルロケット、貝殻を使ったオーナメントまで幅広い手工芸に携わっている。これらの作品は同市内、下町・仲町通りで行われている朝市で販売している。
 また、千葉県子ども会育成会指導員として、工作や遊びを通じて子どもとのコミュニケーションをとることの大切さを親に教える活動も行っている。福山さん手作りのおもちゃは、家庭で作って遊べるよう組み立て式のキットになっているものが数多くある。例えば福山さんが発明した空中を飛ぶおもちゃ、『ウイングブレード』。飛行機の翼の形にカットした発泡スチロールと重りを使ったもので、在庫切れになるほど好評だとか。

 自らの子育てにも大いに関わってきた。「大切なのは親子での対話。子どもときちんと向き合っていれば、信頼関係もおのずと強くなるものです」地元の子どもたちを喜ばせてあげたいと1年間かけて準備しているものがある。自前のあご髭だ。クリスマスの時期になると、地域の保育園、朝市や公民館などで行っているクリスマス講習会で白い髭のサンタクロースに扮してプレゼントを配る。クリスマス講習会は、ケーキを作ったり身体を動かすゲームをしたり、子ども達が他人と関わり合いながらクリスマスを楽しむ方法を教えるというもの。「長いあご髭は手入れが大変なんですよ。櫛で梳かすのはもちろん、ブリーチで白に染めたり、納豆を食べた後はべとつくのですぐにお風呂に入ったりとかね」と笑うが、本物の髭は子ども達に大人気だという。以前、保育園のクリスマス会に付け髭をしてサンタクロースとして登場したところ、園児に引っ張られてとれてしまったのが髭を伸ばそうと思いついたきっかけだ。「サンタが来たんだよ、と家庭での話題作りに役立ててもらえば」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る