藍色の実サワフタギ

 5月の里山に咲いていた白いサワフタギ。オシベが飛び出しケバケバしているが、少し離れると羽毛のようにも見える。秋になると、大きさ7ミリぐらいの実が藍色に熟すという。別名ルリミノウシコロシ(瑠璃実の牛殺し)。
 瑠璃色で思い浮かぶのは宝石の瑠璃、野鳥のルリビタキ、蝶のルリシジミ、ルリタテハ。が、すべて写真でしか知らず、実物は見たことがない。藍色というより濃い紫みの青に近いのだろうか。秋がようやくやってきて期待が高まった。
 サワフタギ(沢蓋木)はハイノキ科ハイノキ属の落葉低木、高さ3?5メートル。葉は互生、長さ4?8センチの倒卵形、両面に毛があってざらつく。5月ごろ、よく分枝した先に円錐花序をだし、7ミリぐらいの白い花をつける。花冠は5深裂する合弁花。
 張り出した枝が沢をふさいで、蓋のようになることから「沢蓋木」。牛の鼻輪を作るくらい木が硬く、頭をたたくと死んでしまうということから「瑠璃実の牛殺し」。また焼いた灰を茜染めや紫根染など、錦を染める時の媒染剤に用いたことから「ニシコリ(錦織)」という別名もある。
 10月になって色づいた実を探して散策した。思いがけないものに出会えるのもいいが、期待したものに出会えるとうれしく魅入ってしまう。赤色の実ほどの存在感とは異なり、近くに寄らなければ気が付かないほど目立たない。緑の葉との対比で見つけやすそうだが、茂った葉に隠れ気づき難い。11月に葉が落ち、藍色の実だけが残る姿もまたいい。
 樹木ではサワフタギぐらいといわれる青い実が見られるのも、市原の自然が豊かな証。いつまでも大切に残していきたい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…
  2. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  3.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  4.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  5. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  6.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  7.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る