2017年 今年の抱負

新しい年が明けて早2週間。

忙しかった年末までの日々を今は懐かしく感じます。


一年間の自身の仕事を振り返ると、

「少しは成長できた」と実感しております。

難しい事や誰も真似できない事をやったわけではなく、

日々の積み重ねや、目の前の事を一生懸命に取り組む事が大事なのでは?

と今は思います。


新しい仕事に携わったり、高い目標にチャレンジすると、

今までに見えなかった事が、高い壁として自分の前に立ちはだかります。

年齢的にも経歴的にも中堅位置になり、会社に貢献できるようになったつもりですが、

ビジネスの現場はいつだって分からない事だらけ。

日々勉強の毎日です。


分からない事や知らない事に直面した時の自分の心がけの一つとして、

「分からない事は素直に分からないと認める」

を胸に刻んでいます。

そして他の人に頼らないで「自分で解決」する事を心がけています。
(どうしよもなくて頼る事もあります)


知ったかぶったって何もいい事ないし、

更に恥ずかしいなどの理由で素直に認めなかったり、

放置・スルーする事も愚かだと感じます。


今年も「分からない事」や「高い壁」が目の前に現れるはずです。

正直きつい事も多いですが、前向きにチャレンジしていき、

凡事徹底を胸に、一社会人としてさらなる飛躍を目指します。

制作 梅木

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る