市原市のおもてなし!いちはらアート×ミックス2017

現在、市原市で開催中の芸術祭『いちはらアート×ミックス2017』。
皆さん、お出かけになりましたか。

結構、市外・県外からの来場者も多く、会場取材を通じて皆さんにお話を伺うと、一様に受付や駐車場係を担当しているボランティアサポーター・菜の花プレイヤーズの方々や市の担当職員さんなどの応対の温かさに好印象を持たれたようであります。

更に、私が目撃したシーンですが。どんよりした天気の日、小湊鉄道のトロッコ列車に乗った観光客の方々が暗い表情で外を眺めている時、踏切で停まった地元の軽トラから男性が降りてきて、列車に向かって笑顔で手を振ったのです。

そうしたら、乗客の皆さんの顔がパッと輝き、笑顔になって男性に手を振り返していました。

また、線路に面した家の庭から、ベランダから、畑から、列車が通ると手を振る方々の姿も何度となく見かけました。
とても、ほっこりした気持ちにさせられました。

皆さんも、アート×ミックスを楽しむために市原市を訪れた方々に、自分のできる形で、おもてなしの心を伝えてください。
そして、また市原市に来よう!と思っていただけるよう、市原ファンを増やしましょう。

編集部 内田

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフの歩み平成の30年を振り返って―よりよい地域をめざして― 先月の「市原版」「長生夷隅版」に掲載した第1回に続く2回目。1982…
  2.  1月19日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された『変形ゴマを作ろう』講座。8人の参加者はコマ作りに入る前、まちのせんせいこと森眞一さんが…
  3. 俳画と文 松下桂紀 以前、私の句とそっくりな句をA紙で発見し、その経緯を報告したが、またも同様の事態が発生し驚いている。上掲の句が私。別人…
  4. 平成31年2月16日号掲載、シティライフの歩み「平成の30年を振り返って」特集にあたって、平成12年(2000年)に行ったシティライフ主催…

ピックアップ記事

  1. 平成31年2月16日号掲載、シティライフの歩み「平成の30年を振り返って」特集にあたって、平成12年(2000年)に行ったシティライフ主催…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る