季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

私の家の裏は崖で、その下は谷田であったが今は草が茂っている。雉がよく鳴くが、地震が発生した時の声が微妙に違うのを知った。その微妙さは説明し難いが、何よりも地震を察知するのが早い。あっ地震だ、と私が気づく前に彼はすでに警告を発しているのだ▼地震に敏感なのは大地に接している野生動物であろうが、先の東日本大震災に遭遇した我々は、今や彼ら以上に敏感になっているかも知れない▼話は変わるが、崖下の谷田は道路になる。つい最近工事が始まった。今は土がむき出しだが、いずれは舗装され車が走る。もはや雉も姿を消すだろう。蛙の声も聞けなくなるだろう。木に遊ぶ小鳥の数も減るだろう。これは私の直面する天変地異である。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る