みうらじゅんフェスに行ってきました

先日「MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958」を見に川崎市市民ミュージアムに行って来ました。

なんで川崎?という疑問を抱きつつ、快速電車でだと乗り換えなしで最寄りの武蔵小金井駅まで行けます。素晴らしい。
駅からはミュージアムまでバスで。

はやる気持ちを抑えつつ、入り口にある大仏を撮影。
会場の中は、みうらさんが生まれてから今にいたるまでの軌跡の数々が。
情報は耳にしていましたが、膨大な量の展示物でした。

今までどこにしまってあったんだろうと不思議に思うようなものたち…
小学生時代の自主制作の学級新聞や、高校時代のオリジナルソング、歴代の学生証などなど。

『マイブーム』という言葉の生みの親とされるみうらさんの、今までの『マイブーム』の歴史も見ものでした。
面白い絵葉書を集めた『カスハガ』、誰も買わないようなお土産のコレクション『いやげもの』など、
世の中の断捨離の流れを逆行するような展示数でした。

最近では冷蔵庫に貼る販促のマグネット『冷マ』のコレクションで話題になりましたが、
びっしりと冷蔵庫に貼り付けられたマグネット、圧巻でした。

隅々まで見てたら予想以上に時間がかかりました…。
最終的にはお腹がすき過ぎて会場を後にしました。

残念だったのは、楽しみにしていたグッズが完売してほとんどなかったこと。
無念です。

みうらじゅんフェス!はすでに開催期間が終わってしまっているのですが、次の展示は写真家 中井精也さんの鉄道写真展『笑顔あふれる「ゆる鉄」ワールド』が2018年4月7日より6月24日まで開催されます。

●川崎市市民ミュージアム
https://www.kawasaki-museum.jp/

こちらは市原市のお話、2018年4月8日(日)牛久駅前駐車場で『うしくにぎわいマーケット』が開催されます。
いろんなお店が出店予定です。
ぜひ足を運んでみてください。

(制作部 井上)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る