ふるさとビジター館 いちはら自然探訪(94)

冬に渡ってくるカラス!!ミヤマガラス、コクマルガラス

 カラスは誰もが知っている野鳥である。嘴が太く額が出っ張り、「カーカー」と濁らず鳴くのがハシブトガラス。嘴が細めで額がなだらか、「ガーガー」と濁るのがハシボソガラス。一般的にこの2種類が年間を通して見られ、ゴミを荒らす等で皆さんから嫌われる存在になっている。
冬になると、ロシアや中国の大陸から渡ってくるカラスもいる。ミヤマガラスとコクマルガラスである。近年、市原市の平野部の農耕地でも、ミヤマガラスの群れの中に少数のコクマルガラスが混ざり、一緒に行動している姿が観察できる。
ミヤマガラスは47cm。ハシブトガラス56cm、ハシボソガラス50cmよりやや小さいが大きさでは判別しにくい。見分けは、嘴の形である。嘴が細くて、毛筆の用に先が尖っており、基部の色が白い。
一方、コクマルガラスはハトと同じぐらいの33cmなので、容易に識別できる。小さくて可愛いらしいカラスである。他のカラスと同じように全体が黒っぽい暗色型やお腹と後頭部が白色でパンダのような淡色型及びその中間型がいる。ここ数年市原で観察できるのは、暗色型とグレーな中間型であり、残念ながら淡色型のものは、確認できていない。カラスとは思えない「キュー」とか「キョー」と鳴くので、声でも存在がわかる。
ミヤマガラスとコクマルガラスは、群れで移動しながら、冬の農耕地で昆虫類や落穂や草の種子、根などを食べる。時にはコクマルガラスが見つけた餌を、大きなミヤマガラスが横取りすることもあるが、コクマルガラスとしてはミヤマガラスの群れにいることで、猛禽などから身を守ることができるため、共存しているものと思われる。
農耕地に群れでいるカラスを見たら、注視してみよう。白黒のパンダのような可愛らしいコクマルガラスを発見できたら超ラッキーである。
ナチュラリストネット/岡 嘉弘

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。

 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る