埼玉県・越生小と姉崎小60年ぶりに卒業生の交流会が実現

 昭和30年から36年の夏、まだ姉崎に遠浅の海があったころ、小学6年生の『海と山の交換会』が2泊3日で毎年開催されていた。海の近くの姉崎小と、埼玉県・秩父山地に接する越生小の子どもたちが、相手の学校に宿泊するというものだった。その交換会に参加した今年72歳の姉崎小卒業生たちが、9月下旬、60年ぶりに越生を訪問。かつて姉崎に来てくれた越生小卒業生と、思わぬ交流会が実現した。
 きっかけは椎津の中島宗光さんが、父・秀夫さんの遺品から『夏の生活交換会記念号』を見つけたことだった。「当時、父は姉崎小のPTA会長で、交換会でも役員。記念号は、参加した私たち80名の感想を掲載したものでした」。中島さんは、同じく同窓生で椎津に住む脇田靖さんに文集を見せ、「今年は交換会実施60年。記念的年なので、越生を再訪しないか」と提案。姉崎小卒業以来、一度もしなかった同窓会にもしようと話が進み、連絡先が分かった相手に文集をコピー、案内を送った。反応は大きく、記念誌が残っていた驚きとともに、当時の越生をよく覚えていると、何人もの同窓生から返事がきた。「あのころは戦後の復興期、物もなく、家族旅行もありえなかった。だからこそ交換会は大事な思い出なんですよ」と脇田さんは話す。
 1泊2日で31名が越生行きに参加。日本観光百選の黒山三滝、越生小など、交換会で行った場所をまわった。初めて滝を見た子どものときは圧倒されたが、大人になって見ると「美しいが、小さな滝だったのか」と驚いた。越生小は移転、元の小学校跡には町役場や図書館が建っていた。ここでサプライズが起こる。交換会後、しばらく越生の卒業生と文通していた参加者が、越生再訪を相手に手紙で連絡しており、越生小の卒業生にも話がまわって、歓迎会が企画されていたのだ。姉崎に来た人など十数名と、町長からはメッセージ、越生町の特産品も土産にと渡された。「越生の人たちは、姉崎で初めて銭湯に入ったこと、あさり汁の美味しさなどが忘れられないと言っていました。子守りで旅費を貯め参加した方もおり、私たちも感動して。こちらは各家庭で風呂をもらったことが珍しく、祭りの山車をわざわざ見せてもらったことなど話し、素晴らしい交流会になりました」。当時は自給自足の時代。姉崎でも越生でも、地域の人や役員、教師が一致団結し実施したのだろうと、中島さん、脇田さんは言う。「各家からの寝具の提供、薪でご飯を炊き毎食用意するなど、すべて自分たちでやったはずです。非常に大変だったと思いますよ」。
 越生での夜は皆で思い出話に花が咲き、帰ってきてからも「行って良かった」と参加者は口を揃えているという。中島さんも脇田さんも、また機会があれば越生行きを実現したいと、再再訪を望んでいる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る