大判小判と江戸の暮らし

大判小判と江戸の暮らし

 かつて人々は物々交換をして暮らしていた。飛鳥、奈良時代の『富本銭』と『和同開珎』は唐のお金がお手本。朝廷は流通させようと法令も出したが廃れ、平安中期までは利用しやすい米、絹などの物品貨幣が一般的だった。
 昨年12月第2土曜日に開催された市原市埋蔵文化財調査センター主催『いちはら埋文講座』(全8回)7回目は『「お金」のはなし』。同センター木對和紀さんが参加者40人近くを前に講義した。
 平清盛が取り引きした宋などの渡来銭が出回ったのち、日本独自のお金が登場したのは安土桃山時代。秀吉が作った『天正大判』は長さ約15センチで世界最大だ。家康の時代にも使用されたという。江戸時代は小判などの金貨、重さで交換された丁銀や豆板銀などの銀貨、1文銭などの銅貨が流通。物価変動に合わせ、3貨幣がそれぞれ別の基準で交換された。大判は贈答や報償用だった。「幕末は豆腐1丁(今の4丁分)58文、かけそば16文。米、銭湯代、大工の日当ほかもいれて、現代の物価に換算すると1文は約25円、1両は16万円ぐらい」と木對さん。参勤交代の費用は仙台藩で5千両、今の8億3千万円に当たるそうだ。
 お話は大判小判の見分け方、江戸と大阪の通貨の違い、貨幣の交換比率差による金の海外流出など。木對さんが「1文1両の値打ちを調べるうちに幕府予算の4分の1を占めた大奥の諸手当に行き着いた」と当時の暮らしを語ると70代の男性は「庶民が搾取されるのは今と同じだな」と感想を述べた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る