大判小判と江戸の暮らし

大判小判と江戸の暮らし

 かつて人々は物々交換をして暮らしていた。飛鳥、奈良時代の『富本銭』と『和同開珎』は唐のお金がお手本。朝廷は流通させようと法令も出したが廃れ、平安中期までは利用しやすい米、絹などの物品貨幣が一般的だった。
 昨年12月第2土曜日に開催された市原市埋蔵文化財調査センター主催『いちはら埋文講座』(全8回)7回目は『「お金」のはなし』。同センター木對和紀さんが参加者40人近くを前に講義した。
 平清盛が取り引きした宋などの渡来銭が出回ったのち、日本独自のお金が登場したのは安土桃山時代。秀吉が作った『天正大判』は長さ約15センチで世界最大だ。家康の時代にも使用されたという。江戸時代は小判などの金貨、重さで交換された丁銀や豆板銀などの銀貨、1文銭などの銅貨が流通。物価変動に合わせ、3貨幣がそれぞれ別の基準で交換された。大判は贈答や報償用だった。「幕末は豆腐1丁(今の4丁分)58文、かけそば16文。米、銭湯代、大工の日当ほかもいれて、現代の物価に換算すると1文は約25円、1両は16万円ぐらい」と木對さん。参勤交代の費用は仙台藩で5千両、今の8億3千万円に当たるそうだ。
 お話は大判小判の見分け方、江戸と大阪の通貨の違い、貨幣の交換比率差による金の海外流出など。木對さんが「1文1両の値打ちを調べるうちに幕府予算の4分の1を占めた大奥の諸手当に行き着いた」と当時の暮らしを語ると70代の男性は「庶民が搾取されるのは今と同じだな」と感想を述べた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る