大判小判と江戸の暮らし

大判小判と江戸の暮らし

 かつて人々は物々交換をして暮らしていた。飛鳥、奈良時代の『富本銭』と『和同開珎』は唐のお金がお手本。朝廷は流通させようと法令も出したが廃れ、平安中期までは利用しやすい米、絹などの物品貨幣が一般的だった。
 昨年12月第2土曜日に開催された市原市埋蔵文化財調査センター主催『いちはら埋文講座』(全8回)7回目は『「お金」のはなし』。同センター木對和紀さんが参加者40人近くを前に講義した。
 平清盛が取り引きした宋などの渡来銭が出回ったのち、日本独自のお金が登場したのは安土桃山時代。秀吉が作った『天正大判』は長さ約15センチで世界最大だ。家康の時代にも使用されたという。江戸時代は小判などの金貨、重さで交換された丁銀や豆板銀などの銀貨、1文銭などの銅貨が流通。物価変動に合わせ、3貨幣がそれぞれ別の基準で交換された。大判は贈答や報償用だった。「幕末は豆腐1丁(今の4丁分)58文、かけそば16文。米、銭湯代、大工の日当ほかもいれて、現代の物価に換算すると1文は約25円、1両は16万円ぐらい」と木對さん。参勤交代の費用は仙台藩で5千両、今の8億3千万円に当たるそうだ。
 お話は大判小判の見分け方、江戸と大阪の通貨の違い、貨幣の交換比率差による金の海外流出など。木對さんが「1文1両の値打ちを調べるうちに幕府予算の4分の1を占めた大奥の諸手当に行き着いた」と当時の暮らしを語ると70代の男性は「庶民が搾取されるのは今と同じだな」と感想を述べた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る