大判小判と江戸の暮らし

大判小判と江戸の暮らし

 かつて人々は物々交換をして暮らしていた。飛鳥、奈良時代の『富本銭』と『和同開珎』は唐のお金がお手本。朝廷は流通させようと法令も出したが廃れ、平安中期までは利用しやすい米、絹などの物品貨幣が一般的だった。
 昨年12月第2土曜日に開催された市原市埋蔵文化財調査センター主催『いちはら埋文講座』(全8回)7回目は『「お金」のはなし』。同センター木對和紀さんが参加者40人近くを前に講義した。
 平清盛が取り引きした宋などの渡来銭が出回ったのち、日本独自のお金が登場したのは安土桃山時代。秀吉が作った『天正大判』は長さ約15センチで世界最大だ。家康の時代にも使用されたという。江戸時代は小判などの金貨、重さで交換された丁銀や豆板銀などの銀貨、1文銭などの銅貨が流通。物価変動に合わせ、3貨幣がそれぞれ別の基準で交換された。大判は贈答や報償用だった。「幕末は豆腐1丁(今の4丁分)58文、かけそば16文。米、銭湯代、大工の日当ほかもいれて、現代の物価に換算すると1文は約25円、1両は16万円ぐらい」と木對さん。参勤交代の費用は仙台藩で5千両、今の8億3千万円に当たるそうだ。
 お話は大判小判の見分け方、江戸と大阪の通貨の違い、貨幣の交換比率差による金の海外流出など。木對さんが「1文1両の値打ちを調べるうちに幕府予算の4分の1を占めた大奥の諸手当に行き着いた」と当時の暮らしを語ると70代の男性は「庶民が搾取されるのは今と同じだな」と感想を述べた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…
  2. 市原市ソフトボール協会  平成最後の年、30年度は当協会において非常に有意義で大事な1年でありました。  春、5月ゼットエーボールパークを…
  3. ※各情報は変更の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。 ●第31回キッズフェスタin市原 4/28(日) 9時20分~13時 市…
  4. 2019/4/25

    一からの春
    文と絵 山口高弘 大きい!初めて行ったアメリカの店で、ジュースを頼んだ時の感想です。一九九五年、僕は中学生。市原市の姉妹都市・モビール市…
  5.  3月9日(土)、山武市成東文化会館のぎくプラザで開催された講演会『子どもたちに昔話を』。講師は絵本専門士の中澤由梨子さん。講演では多くの…
  6.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  7.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  8. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  9. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  10.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…

ピックアップ記事

  1.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る