可愛い孫へ手作り雛を

可愛い孫へ手作り雛を

 市内平蔵に住む川野百合子さん(63)は、習志野市で暮らしている息子夫婦の間に生まれた孫の百華ちゃん(2)のために初めて、お雛様を作った。
「お雛様を持っていないと言う孫に、元気に育ってほしいという願いを込めて」と微笑む川野さん。
豪華な五段飾りや七段飾りは部屋のスペース上飾れないし、経済的にも厳しい。そこで、1年半前から通っている地元の『平山窯陶芸サークル』で、内裏雛作りに挑戦。「立ち雛と座り雛と3体作りました」その中から立ち雛をプレゼントした。飾り台も屏風も手作り。
 百華ちゃんのママ、華子さんは「想像以上。味がある。娘が嫁ぐ日には持たせたい」と感慨深げ。パパの辰三さんも「作ってもらって有り難い」と嬉しそう。
 サークルで版画家でもある木寺さんと一緒に指導にあたっている陶芸家の原地さんは「陶芸をやっている女性は多いけれど、孫にお雛様を作ってあげたいと思っても実際に作る人は少ない。そんなことからも、このお雛様には孫への温かい心と絆を感じますね」と目を細める。
 同サークルは女性たちの様々な思いを形にするお手伝いもしたいという。「自分も作ってみたい」そんな気持ちを持って参加する女性は大歓迎、自由に好きなものを作るのがモットーとのことだ。
問合せ 平三小学校
TEL 0436・89・2609

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る