甲子園への切符

我が家を訪れた美代ちゃん(後列右2番目)と喜代子さん(後列左端)

遠山あき
 球児なら誰でも夢に見る甲子園への切符。今年千葉県代表になった東海大学付属望洋高校は、初の夏の甲子園出場となった。彼らの熱い戦いが繰り広げられるこの季節、私には特別な感慨がある。
 古い話になって恐縮だが、私が新卒の教員で初めて勤務したのが印旛郡大森小学校、受け持ちは三年生だった。クラスに菊地美代ちゃんという子がいた。姐ご肌で勝ち気だがいい子だった。古き良き時代で、新米の先生の言うことをよく聞く素直な子ばかりだった。未だに当時の子たち(八十数歳)が会いにきてくれる。美代ちゃんの親友だった喜代子さんが来てくれたのは、平成二十一年の秋。美代ちゃんが脳腫瘍で亡くなったとの報告も兼ねてのことだった。話は当然、美代ちゃんのことになった。
 美代ちゃんが結婚し、息子さんが小学二年生になった時、両親を失った。続けてご主人も亡くなり、中学三年生の弟と息子が美代ちゃんとともに残された。生活のために美代ちゃんは勤めに出た。進学を前にした弟は成田高校を望み、合格した。そして長年の夢、野球部入部を選んだ。ところが中学担任だった先生に「君は野球部に入ってもろくな選手にはなれないぞ。能力不足だ」と言われた。弟は一晩中悔しさに泣いた。それを知った美代ちゃんは眦を決して言った。「野球部に入りな!姉ちゃんは体を張って応援するよ!メソメソするんじゃないよ、男じゃないか」
 そして弟の菊地昭雄氏は野球部へ。主戦投手で活躍したが、甲子園は遠かった。卒業して彼は相互銀行に入った。昭和五十九年、成田支店の支店長の内示があった十一月、成田高校、及び成田山新勝寺から「高校事務局長を兼ねて野球部監督に」と強い要請があった。迷いに迷った末、彼は高校側の強い説得もあって成田高校へ移った。それから六年後の平成二年。菊地氏の長い長い夢、それこそ夢ではないかと思う甲子園への切符を、成田高校は手にした。三十八年ぶりの出場だった。当時の美代ちゃんの喜びはどれほどだったか。思うに余りある。
 今年、千葉大会の解説に菊地氏が出演した。高校球児たちの姿を見、既に監督を退いた菊地氏の心中を思い、地下に眠る美代ちゃんの思い出も胸が熱くなるように蘇って、私は涙を禁じ得なかった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る