アジア諸国の行政官と楽しく文化交流

アジア諸国の行政官と楽しく文化交流

 2月15日に今年度第2回目となる県主催幕張アジアアカデミー事業『アジア総合学科』が私立市原中央高等学校で開催された。県内高校生の国際意識の醸成を目的とし、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所と合同で平成13年度から行われているもので、同研究所開発スクールで研修中のアジア各国の行政官が、県内の高校で自国の文化等について英語で授業を行う。
『世界を学ぼう』をテーマに同高校英語コースの1年生16名とモンゴル国、ラオス人民民主共和国、タイ王国、ネパール連邦民主共和国からの講師4名が4つのグループに分かれ、プレゼンテーションを前提としたワークショップを中心に交流を行った。
 各グループで講師がそれぞれ、自国の風景や食べ物の写真、地図、民族衣装などを見せながら自国について紹介。生徒たちは熱心に耳を傾け、質問をしながらメモを取った。次にそれらを絵に描いたり写真を切り貼りしたり、説明を加えたりしてポスターにまとめ上げた。プレゼンテーションでは生徒が一人ずつ、ポスターの前で英語で発表。国旗の色とシンボルの意味を説明した後、それぞれの文化の特徴について述べた。
 ネパールの紹介の中では、国技であるカバディのルールについて、モンゴルでは朝青龍のおかげで相撲の人気が高まってきていることやラオスのある地域では蛇が食されていることなどについて触れた。「タイでは日曜日は赤、月曜日は黄、火曜日は桃色のように曜日ごとに色が決まっている」との発表に他のグループから驚きの声が上がった。
 タイの経済社会開発局勤務の女性講師は「生徒たちが積極的に他国の文化を知ろうという姿勢が見られてよかった」と話した。「エキサイティングな授業だった」、「発表は緊張したが、とても楽しかった」と生徒たち。勢いよく英語が飛び交い、笑い声のあふれる活気に満ちた授業だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る