アジア諸国の行政官と楽しく文化交流

アジア諸国の行政官と楽しく文化交流

 2月15日に今年度第2回目となる県主催幕張アジアアカデミー事業『アジア総合学科』が私立市原中央高等学校で開催された。県内高校生の国際意識の醸成を目的とし、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所と合同で平成13年度から行われているもので、同研究所開発スクールで研修中のアジア各国の行政官が、県内の高校で自国の文化等について英語で授業を行う。
『世界を学ぼう』をテーマに同高校英語コースの1年生16名とモンゴル国、ラオス人民民主共和国、タイ王国、ネパール連邦民主共和国からの講師4名が4つのグループに分かれ、プレゼンテーションを前提としたワークショップを中心に交流を行った。
 各グループで講師がそれぞれ、自国の風景や食べ物の写真、地図、民族衣装などを見せながら自国について紹介。生徒たちは熱心に耳を傾け、質問をしながらメモを取った。次にそれらを絵に描いたり写真を切り貼りしたり、説明を加えたりしてポスターにまとめ上げた。プレゼンテーションでは生徒が一人ずつ、ポスターの前で英語で発表。国旗の色とシンボルの意味を説明した後、それぞれの文化の特徴について述べた。
 ネパールの紹介の中では、国技であるカバディのルールについて、モンゴルでは朝青龍のおかげで相撲の人気が高まってきていることやラオスのある地域では蛇が食されていることなどについて触れた。「タイでは日曜日は赤、月曜日は黄、火曜日は桃色のように曜日ごとに色が決まっている」との発表に他のグループから驚きの声が上がった。
 タイの経済社会開発局勤務の女性講師は「生徒たちが積極的に他国の文化を知ろうという姿勢が見られてよかった」と話した。「エキサイティングな授業だった」、「発表は緊張したが、とても楽しかった」と生徒たち。勢いよく英語が飛び交い、笑い声のあふれる活気に満ちた授業だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る